スフレンアイム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Soufflenheim
Soufflenheim Fachwerkhaus.JPG
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) アルザス地域圏Flag of Alsace.svg
(département) バ=ラン県Blason département fr Bas-Rhin.svg
(arrondissement) アグノー郡
小郡 (canton) ビシュウィレ小郡
INSEEコード 67472
郵便番号 67620
市長任期 カミーユ・シェイデッケル
2008年-2014年
人口動態
人口 4,400人
1999年
人口密度 332人/km²
地理
座標 北緯48度49分50秒 東経7度57分50秒 / 北緯48.830556度 東経7.963889度 / 48.830556; 7.963889座標: 北緯48度49分50秒 東経7度57分50秒 / 北緯48.830556度 東経7.963889度 / 48.830556; 7.963889
標高 平均:? m
最低:116 m
最高:138 m
面積 13.24km² (7,826ha)
Soufflenheimの位置
Soufflenheim
テンプレートを表示

スフレンハイムSoufflenheim)は、フランスアルザス地域圏バ=ラン県コミューンフランス語読みでは正式にはスフレンイムとなる)。この土地特有の赤土を使った陶器を、スフレンハイム焼きという。

地理[編集]

スフレンハイムの市街地は、ライン川の氾濫源の縁にできた段地の角にあたる、アルザスの平野にある。この場所故に、ライン川の氾濫から村を守ることになった。治水が行われて以降は、氾濫の危険はなくなった。スフレンハイムは西から北東にかけ、厚いアグノーの森に囲まれている。エベルバック川(エベルバッハ川)とフォルグラベン川が村内を流れている。

歴史[編集]

スフレンハイム焼き

スフレンハイムは古代より、この土地でとれる粘土を使った陶器づくりで知られてきた。紀元前から陶器づくりが実在したと言われるが、確認がとれているのは1142年からである。陶器づくりは、神聖ローマ皇帝フリードリヒ1世が、地元の陶器職人組合に対して、アグノー森から自由に粘土をとってよいという特権を与えたことで成長した。今日、村内には17の工房があり、アルザス伝統料理に用いられる家庭用品を生産している(ロースター、ベックオフクグロフテリーヌなどに用いられるスフレンハイム焼きでできた型)。

姉妹都市[編集]

出身著名人[編集]

外部リンク[編集]