スティーヴン・アスムッセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スティーヴン・アスムッセンSteven S. Asmussen1965年11月18日 - )は、テキサス州およびケンタッキー州を中心に活動するサラブレッドクォーターホース競馬調教師である。2004年にアメリカの調教師による最多勝利記録を塗り替えた。主な管理馬にカーリンレイチェルアレクサンドラなどがいる。

来歴[編集]

アメリカ合衆国サウスダコタ州ゲティズバーグの出身である。両親のキース・アスムッセンとマリリン・アスムッセンも調教師、兄のキャッシュ・アスムッセンは騎手という、根っからの競馬関係者の一族であった。

16歳のときにニューメキシコ州騎手としてデビューし、3年ほどニューヨーク州で活動していたが、身長と体重が増えてきたことから廃業している。そして1986年よりニューメキシコ州でサラブレッドクォーターホース調教師を始め、同年早くも初勝利を挙げている。特にサラブレッド競馬での成績が顕著で、2002年には407勝を挙げて同年の調教師リーディングを獲得している。また2004年には年間555勝を挙げ、ジャック・ヴァン・バーグ調教師の年間最多勝記録であった496勝の記録を塗り替えた。

アスムッセンの代表的な管理馬として名の挙がる馬がカーリンで、2007年にプリークネスステークスブリーダーズカップ・クラシックを制したほか、2008年にはドバイワールドカップの優勝するなど活躍した。2008年にはアスムッセンは再び最多勝利記録を更新し、その数字を622に伸ばした。同年はエクリプス賞の最優秀調教師部門にも選出されている。

2009年、ケンタッキーオークス勝ち馬である牝馬のレイチェルアレクサンドラがアスムッセンの厩舎に移籍し、牡馬クラシックのプリークネスステークスへと出走が表明された。アスムッセンは同馬でプリークネスステークスを制すると、以後もマザーグースステークスハスケルインビテーショナルハンデキャップなどで勝鞍を挙げた。同年には去年の記録を超える623勝を挙げ、連年で最多勝およびエクリプス賞最優秀調教師を獲得している。

主な管理馬[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2009年5月5日まではH・ウィギンズ調教師が管理。ウィギンズ厩舎時点でのレイチェルアレクサンドラの重賞勝ち鞍はケンタッキーオークス、ファンタジーステークス、フェアグラウンズオークス、ゴールデンロッドステークス。

関連項目[編集]