スター効果

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スターサファイア(スター効果が現れているサファイア)。6条の光の筋が見える。

スター効果(スターこうか、asterism)は、宝石に見られるの効果のひとつ。「アステリズム効果」、「星彩効果」ともいう。スター効果は特定の宝石を定まった方法でカットしないと現れない。

スター効果を得るためには、まず、2方向から3方向の平行に並んだ金紅石(ルチル)という針状結晶のインクルージョンを持つ宝石を用意しなければならない。次に宝石を半球形のカボション・カットに加工する。このとき底面がインクルージョンの伸びる方向に平行になるようにカットすると、半球形の表面がレンズの働きをして、石に入ってきた光がルチルに反射して焦点を結ぶようになり、光の筋が発生する。これを「スター効果」と呼ぶ。2方向のルチルが交差していると4条のスター効果を示す。3方向の時には6条、4方向の時には12条のスター効果が現れる。

スター効果を見せやすい宝石はルビーサファイアで、ローズクォーツスピネルガーネットなどにも現れることがある。スピネルとガーネットの場合、インクルージョンは輝石角閃石で、十字架の形のスターが出現する。

似た宝石の光の効果にキャッツアイ効果(シャトヤンシー効果、変彩効果)がある。

関連項目[編集]