キャッツアイ効果

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

キャッツアイ効果(キャッツアイこうか)は、宝石などに見られるの効果のひとつ。針状に並んだインクルージョンをもつ宝石の底面を、そのインクルージョンに平行になるようにカボション・カットすると宝石の表面にの目のような明るい光の筋が現れる。

シャトヤンシー (chatoyancy)」や「変彩効果」ともいう。シャトヤンシーはフランス語のシャトワヤンス (chatoyance) から来ており、フランス語では宝石に限らずきらびやかな輝きを表す言葉である。

キャッツアイ効果を持つ鉱物に、クリソベリルトルマリンアパタイトオパールウレキサイト、などがあり、ほとんどの場合、「クリソベリル・キャッツアイ」など、宝石名のあとに「キャッツアイ」をつけて呼ぶ。宝石の名称として単に「キャッツアイ」と呼ばれている場合は「クリソベリル・キャッツアイ」のことを指すことが多い。他に石綿の繊維組織が平行に層状をなして混入しているために、光の反射効果に差が生じて現れるものに、クオーツ・キャッツアイタイガーズアイホークスアイ、などがある。この効果を人工的に再現した「キャッツアイガラス」というものもある。

スター効果(アステリズム効果、星彩効果)は、これと同じ原理である。

関連項目[編集]