ジルニトラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジルニトラ(Zirnitra)とは東ヨーロッパの西スラヴヴェンド地方(今のドイツ連邦共和国ブランデンブルク州メクレンブルク=フォアポンメルン州)の伝説に登場する黒いスラヴの竜で魔法神でもある。[1]「Zir」と言う場合もある。Rosvodizという神名でも呼ばれるが、それはジルニトラの別名である。

由来[編集]

由来は、ヴェンド人が侵略してくるサクソン人と戦ったとき、ジルニトラ旗が軍旗として使われた場面と言われている。ジルニトラは魔法神でもある。そこから派生し「魔術的な力が与えられた者」という意味にもなった。

脚注[編集]

  1. ^ Grundtræk til En Nord-Slavisk og Vendisk Gudelære. p.28。


関連項目[編集]


参考文献[編集]

  • Andreas Gottlieb Masch、Daniel Woge共著、‘Die gottesdienstlichen Alterthümer der Obotriten, aus dem Tempel zu Rhetra, am Tollenzer-See ’出版者:Rellstab, 1771.