ジョン・リード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョン・リード
モスクワで埋葬されるリード

ジョン“ジャック”サイラス・リードJohn "Jack" Silas Reed1887年10月22日 - 1920年10月19日)は、アメリカ合衆国出身のジャーナリストおよび活動家。

人物[編集]

リードはオレゴン州ポートランドで生まれた。ポートランドの住民は彼を誇りに考えているが、自著によるとリードはポートランドに愛着を持っていなかった。1910年にハーバード大学に通うためにポートランドを去り、二度と戻らなかった。彼は労働者ストライキへの同情的な報道およびメキシコ革命のルポルタージュで有名になった。

リードは第一次世界大戦中のヨーロッパロシア革命の始まりを聞き、1917年にロシアへ向かった。彼は自身の体験やウラジーミル・レーニンへのインタビューなどをロシア革命ルポルタージュとしてまとめ、『世界を揺るがした十日間』を刊行した。この書には後にレーニン夫妻(ウラジーミル・レーニンナデジダ・クルプスカヤ)が序文を寄せ、「世界の労働者達に無条件で推薦する」と賞賛した。

リードと作家、女性運動家である彼の妻ルイーズ・ブライアントは作家のユージン・オニールと親しかった。

1920年、リードはモスクワチフスのため死去した。現地で葬儀が行われた後、ソ連の英雄として赤の広場にあるクレムリンの壁に埋葬された。アメリカ人でこの場所に埋葬された人物は、アメリカ共産党書記長であったチャールズ・ラッテンバーグ世界産業労働組合の指導者ビル・ヘイウッド、そして彼だけである。

1981年の映画『レッズ』は、彼の後半生を描いている。

日本語文献[編集]

研究・評伝
  • 松浦総三ほか 『ルポルタージュは世界を動かす ジョン・リードから現代へ』 大月書店 1990年
  • タマーラ・ハーヴィ『時代の狙撃手 ジョン・リード伝』 飛田勘弐訳、至誠堂選書 1985年

外部リンク[編集]