石垣栄太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
自作のデッサンを前に(1940年)

石垣 栄太郎(いしがき えいたろう、1893年 - 1958年1月23日)は、日本洋画家

経歴[編集]

1893年和歌山県東牟婁郡太地町で船大工を生業とする石垣政治の子として生まれた。1901年町立太地小学校に入学し、1907年県立新宮中学校へ進学したが、1909年には1901年にアメリカ移民していた父の呼びかけで退学して渡米した。1910年からカリフォルニア州ベーカーズフィールドボーイなどとして働き、また日本人キリスト教会英語を学び、聖書社会主義の本などにも親しんだ。

1914年から絵画をサンフランシスコ美術学校やニューヨークアート・スチューデンツ・リーグで学び、1916年頃より絵画制作を始めたという。翌1917年から片山潜を中心とする社会主義の研究会(在米日本人社会主義者団)に加わる一方、マーガレット・サンガーアグネス・スメドレーらとも交流を深める。1925年の第9回独立美術家協会展に出品した『鞭打つ』が好評を博したことでアメリカの画壇にデビューし、1936年にはアメリカ美術家会議の創立準備委員となる。1927年田中綾子と知り合って結婚し、大日本帝国軍国主義を夫妻で批判している。

1951年日本に帰国して東京都三鷹市へ住んでいたが、日本では本格的な活動をできないまま1958年1月23日に東京都で死去。故郷の太地町には、石垣の死後に妻の綾子が私財を投じて建設した太地町立石垣記念館がある。

著書[編集]

  • 『愛についての告白 男として女として』 石垣綾子共著 平和書房 1971年

作品[編集]

文化遺産オンライン(文化庁)による(小画像が掲載されている)2011年9月25日閲覧

  • 女立像(東京国立近代美術館所蔵)
  • 女(東京国立近代美術館所蔵)
  • リンチ(1931年、東京国立近代美術館所蔵)
  • 腕(1929年、東京国立近代美術館所蔵)
  • 二階つきバス(1926年、東京国立近代美術館所蔵)
  • 鞭打つ(1925年、京都国立近代美術館所蔵)
  • 街(1925年、神奈川県立近代美術館所蔵)
  • 街(1925年、和歌山県立近代美術館所蔵)
  • ボーナス・マーチ(1932年、和歌山県立近代美術館所蔵)
  • キューバ島の反乱(1933年、和歌山県立近代美術館所蔵)
  • 女の顔(1916年、和歌山県立近代美術館所蔵)
  • 自画像(1917年、和歌山県立近代美術館所蔵)
  • 拳闘(1925年、和歌山県立近代美術館所蔵)
  • K.K.K.(1932年、和歌山県立近代美術館所蔵)
  • 裸婦(1946年、和歌山県立近代美術館所蔵)

外部リンク[編集]