ジョン・モウブレー (第3代ノーフォーク公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

第3代ノーフォーク公ジョン・モウブレー(John Mowbray, 3rd Duke of Norfolk, 1415年9月12日 - 1461年11月6日)は、イングランドの貴族で、薔薇戦争期の軍人である。第2代ノーフォーク公ジョン・モウブレーとウェストモーランド伯ラルフ・ネヴィルの娘キャサリンの子。ノーフォーク公の称号を相続した1432年からアール・マーシャル(後の紋章院総裁)の地位に就いた。

1450年代の薔薇戦争の初期にはヨーク家ヨーク公リチャードの側についていた。しかし、1459年にはランカスター家ヘンリー6世に忠誠を誓うも、その後すぐにヨーク派に戻った。この種の裏切りは、優劣の目まぐるしく移る薔薇戦争中には決して珍しくはなかった。1461年2月に第2次セント・オールバーンズの戦いでヨーク派として戦ったが敗れた。3月にヨーク公の息子マーチ伯エドワード(のちのエドワード4世)に即位を促したりもしている。

1461年3月29日のタウトンの戦いにおいては、正午頃にヨーク派右翼に加勢して、ヨーク派の勝利に貢献した。後に元帥伯としてエドワード4世の戴冠式を執り行った。同年11月に死去、妻エレノア・バウチャー(フランス北部のユー伯ウィリアム・バウチャーとグロスター公トマス・オブ・ウッドストックの娘アン・オブ・グロスターの娘)との間の一人息子ジョンが後を継いだ。

公職
先代:
ノーフォーク公
アール・マーシャル
1432年 - 1461年
次代:
ノーフォーク公
先代:
アランデル伯
巡回裁判官
Justice in Eyre
南トレント

1461年
次代:
エセックス伯
爵位
先代:
ジョン・モウブレー
ノーフォーク公
1432年 - 1461年
次代:
ジョン・モウブレー