ジョン・モウブレー (第2代ノーフォーク公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョン・モウブレーに本を授けるヘンリー5世

第2代ノーフォーク公ジョン・モウブレー(John de Mowbray, 2nd Duke of Norfolk, 1392年 - 1432年10月19日)は、イングランドの貴族である。初代ノーフォーク公トマス・モウブレーとエリザベス・フィッツアランの次男で、ノーフォーク伯トマス・モウブレーの弟。

1405年に謀反を起こして処刑された兄のノーフォーク伯位を継承した。1411年にウェストモーランド伯ラルフ・ネヴィルの娘キャサリンと結婚、1412年に御馬伯(後の紋章院総裁)に任命、ヘンリー5世に従い百年戦争フランスを転戦、1425年にノーフォーク公爵に叙爵された。1432年に死去、一人息子のジョンが爵位と御馬伯の地位を受け継いだ。

公職
先代:
ウェストモーランド伯
御馬伯
1412年 - 1432年
次代:
ノーフォーク公
爵位
先代:
トマス・モウブレー
モウブレー男爵
1399年 - 1405年
次代:
ジョン・モウブレー
先代:
トマス・モウブレー
ノッティンガム伯
1399年 - 1405年
次代:
ジョン・モウブレー
先代:
トマス・モウブレー
ノーフォーク伯
1399年 - 1405年
次代:
ジョン・モウブレー
先代:
トマス・モウブレー
ノーフォーク公
1425年 - 1432年
次代:
ジョン・モウブレー