ジョン・ウィンゲイト・ウィークス (陸軍長官)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョン・ウィンゲイト・ウィークス
John Wingate Weeks, Bain bw photo portrait.jpg
生年月日 1860年4月11日
出生地 ニューハンプシャー州ランカスター
没年月日 1926年7月12日(66歳)
死没地 ニューハンプシャー州ランカスター
出身校 海軍兵学校
現職 銀行家
所属政党 共和党
配偶者 マーサ・アローリン・シンクレア

アメリカ合衆国上院議員
任期 1913年3月4日 - 1919年3月4日
任期 1905年3月4日 - 1913年3月4日
任期 1913年3月4日 - 1913年3月4日
テンプレートを表示

ジョン・ウィンゲイト・ウィークスJohn Wingate Weeks, 1860年4月11日 - 1926年7月12日)は、アメリカ合衆国政治家共和党に所属し、1905年から1913年まで連邦下院議員、1913年から1919年まで連邦上院議員、1921年から1925年まで陸軍長官を務めた。

生い立ちと初期の経歴[編集]

1860年4月11日、ウィークスはニューハンプシャー州ランカスターにおいて誕生した。ウィークスは地元の公立学校で教育を受け、続いて教職を1年務めた[1]。 ウィークスは1881年メリーランド州アナポリス海軍兵学校を卒業し、その後アメリカ海軍で士官候補生として2年間勤務した[2]1883年に海軍を離れた後はフロリダ州に移り、土木建築および測量の専門家として働いた[1]1885年から1888年まではオーランド消防局で一等主任を務め[1]、また1886年から1888年まではフロリダ南部鉄道で土地事務長補を務めた[3]

政治への関与[編集]

ウィークスは1888年ボストンで金融会社 Hornblower and Weeks を共同設立した。ウィークスは1890年代に銀行経営で財を築いた。ウィークスは堅実で安定した経営を行った。ウィークスは次第に、政治に積極的に関与するようになった。最初は地方レベルでの政治に関与し、マサチューセッツ州ニュートンにおいて1899年から1902年まで市会議員を、1903年から1904年まで市長を務めた。ウィークスはその後、国政に関与するようになった。

連邦議会[編集]

ウィークスは連邦下院議員および連邦上院議員として、アメリカ国有林制度の主要部分の設計を行った。1911年ウィークス法では、森林火災防止に関する州政府への補助金の支援など、国有林保全に関わる制度を確立した[4]

ウィークスは共和党に所属し、1905年3月から1913年3月までマサチューセッツ州選出連邦下院議員を、1913年3月から1919年3月までマサチューセッツ州選出連邦上院議員を務めた。ウィークスは第59議会から第60議会にかけて国務省歳出委員会の委員長を、第61議会に郵政委員会委員長を、第65議会に不要政府書類整理委員会の委員長を務めた[1]

陸軍長官[編集]

1923年の休戦記念日のセレモニー。左からウィークス陸軍長官、クーリッジ大統領、ルーズベルト海軍次官補、および警備兵。

ウィークスは1918年の上院議員選挙で敗北を喫したが、その後も継続して共和党内での国政への影響を残した。ウィークスは1920年の大統領選挙ウォレン・ハーディングの立候補を早い時期から支持し、ハーディングが大統領に選出されるとウィークスは陸軍長官に指名された。

ウィークスは陸軍長官として、有能で、実直で、尊敬を受ける行政官であった。ウィークスは大統領のよき助言者として、第一次世界大戦後の陸軍省の人員削減を導いた。ウィークスは長時間の激務により、1925年4月に卒中を引き起こした。そして同年10月、ウィークスは陸軍長官を辞任した。

晩年[編集]

ウィークスは陸軍長官退任から9ヵ月後の1926年7月12日に、ニューハンプシャー州ランカスターにある避暑用の別荘「マウント・プロスペクト」において死去した。

ウィークスの別荘「マウント・プロスペクト」は、ウィークス州立公園の一部として、観光客向けに公開されている。この近郊にある山は、ウィークスにちなんで「ウィークス山」と名づけられた。

ウィークスの業績をたたえて海軍はラッデロウ級護衛駆逐艦の1隻をウィークス (USS Weeks, DE-285) と命名したが、その建造は1944年にキャンセルされた。その後アレン・M・サムナー級駆逐艦の10番艦がジョン・W・ウィークス (USS John W. Weeks, DD-701) と命名された。ジョン・W・ウィークスは1944年に就役し、1970年に退役した。

家族[編集]

ウィークスと孫

ウィークスの父親はウィリアム・デニス・ウィークス (William Dennis Weeks, 1818-1885)、母親はメアリー・ヘレン・ファウラー (Mary Helen Fowler) であった[5]。ウィークスは1885年10月7日にマーサ・アローリン・シンクレア (Martha Aroline Sinclair) と結婚した[6]。ウィークスはマーサとの間に以下の子供をもうけた。

  1. チャールズ・シンクレア・ウィークス (Charles Sinclair Weeks, 1893-1972) - 第13代アメリカ合衆国商務長官

参考文献[編集]

  • Garraty, John A. and Mark C. Carnes. American National Biography, vol. 22, "Weeks, John Wingate". New York : Oxford University Press, 1999.

参照[編集]

外部リンク[編集]

議会
先代:
サミュエル・L・パワーズ
マサチューセッツ州選出下院議員
マサチューセッツ州第12選挙区

1905年 - 1913年3月4日
次代:
ジェームズ・M・カーレイ
先代:
ウィリアム・S・グリーン
マサチューセッツ州選出下院議員
マサチューセッツ州第13選挙区

1913年3月4日
次代:
ジョン・J・ミッチェル
議会
先代:
ウィンスロップ・M・クレイン
マサチューセッツ州選出上院議員(第2部)
1913年3月4日 - 1919年
同職:ヘンリー・カボット・ロッジ
次代:
デヴィッド・I・ウォルシュ
公職
先代:
エドワード・L・ピカード
ニュートン市長
1902年 - 1903年
次代:
アロンゾ・R・ウィード
先代:
ニュートン・ディール・ベイカー
アメリカ合衆国陸軍長官
Served under: ウォレン・ハーディング, カルビン・クーリッジ

1921年3月5日 – 1925年10月13日
次代:
ドワイト・フィリー・デイヴィス
受賞や功績
先代:
フランク・オレン・ロウデン
タイム誌の表紙を飾った人物
1923年10月22日
次代:
ロイ・チャップマン・アンドリュース