ジョルジュ・ヴェジーナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョルジュ・ヴェジーナ
生誕 1887年1月21日
カナダケベック州シクーティミ
死没 1926年3月27日(39歳)
カナダケベック州シクーティミ
身長
体重
5 ft 6 in (1.68 m)
185 lb (84 kg; 13 st 3 lb)
ポジション ゴールテンダー
キャッチ 左利き
所属クラブ モントリオール・カナディアンズ
現役期間 1910年 – 1925年
1945年殿堂入り

ジョセフ・ジョルジュ・ゴンザーグ・ヴェジーナ(Joseph Georges Gonzague Vézina (発音: [vɛˈziːnə]) 1887年1月21日 - 1926年3月26日)は、カナダケベック州シクーティミ出身のアイスホッケー選手。ポジションはゴールテンダー。"Chicoutimi Cucumber" と呼ばれた。

1910年から1925年までモントリオール・カナディアンズに所属しナショナル・ホッケー・アソシエイションで7シーズン及びNHLで9シーズンに渡りプレーした。この間レギュラーシーズン327試合及びプレーオフ39試合に連続出場していたが1925年に病のため試合途中で退場した。結核1926年3月に死去した。

1910年から1925年までカナディアンズでプレーした唯一のゴールテンダーでありスタンレー・カップファイナルに5回出場(1919年のファイナルはシリーズ中にスペイン風邪ジョー・ホールが亡くなったため中止された。)、1916年、1924年の優勝に貢献した。また7シーズンに渡りリーグ最少失点の成績を残した。

NHLは彼の功績を称えて1926-1927年シーズンよりヴェジーナ賞(当初は最少失点の選手に、1981年からは各チームの監督、GMの投票)を創設した。

彼の死後、カナディアンズの監督、Léo Dandurandの発言より22人の子供がいると報道されたがこれは移民してきたフランス系カナダ人の子供であったヴェジーナが英語が十分に話せなかったためであり実際の子供は2人であった。

1945年にホッケーの殿堂が設立された際、最初に推薦された12人の1人となった。

外部リンク[編集]