ジョー・ホール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョー・ホール

ジョー・ホール(Joseph Henry Hall 1882年5月3日-1919年4月5日)はイングランドスタッフォードシャー出身のアイスホッケー選手。スタンレー・カップで3度優勝したが1919年にスペイン風邪のため亡くなった。

経歴[編集]

イングランドのスタッフォードシャーで生まれた彼はカナダマニトバ州ブランドンで育ちマニトバプロホッケー協会所属のブランドン・ウィートキングスウィニペグ・ローイングクラブケノラ・シスルズNHAケベック・ブルドッグズNHLモントリオール・カナディアンズでプレーした。

1907年、ケノラ・シスルズに所属した彼が受け取った'loving cup'がホッケーの殿堂に納められている。1912年、1913年には、ケベック・ブルドッグズでスタンレー・カップ優勝を果たした。

1919年、彼はモントリオール・カナディアンズに所属しチームはスタンレー・カップファイナルに進出した。ファイナルの最中、カナディアンズと対戦相手のシアトル・メトロポリタンズに所属する数人の選手はスペイン風邪を発症しファイナルは中断された。そのわずか5日後ホールはワシントン州シアトルの病院で亡くなった[1][2]

1961年、彼はホッケーの殿堂入りを果たした。

主な受賞歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ No decision 1918-19”. ホッケーの殿堂. 2010年10月23日閲覧。
  2. ^ [Diamond], pp. 51–52

参考文献[編集]

  • [Diamond]Dan Diamond (ed.), ed (1992). The Official National Hockey League Stanley Cup Centennial Book. Firefly Books. ISBN 1-895565-15-4. 

外部リンク[編集]