ジョゼフ=ニコラ=パンクラス・ロワイエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョゼフ=ニコラ=パンクラス・
ロワイエ
Joseph-Nicolas-Pancrace Royer
私蔵
私蔵
基本情報
出生 1705年頃
イタリアの旗 イタリアトリノ
死没 1755年1月11日
フランスの旗 フランスパリ
職業 作曲家クラヴサン奏者
活動期間 バロック音楽

ジョゼフ=ニコラ=パンクラス・ロワイエJoseph-Nicolas-Pancrace Royer 1705年頃 - 1755年1月11日)はフランスバロック音楽作曲家クラヴサン奏者。

イタリアトリノに生まれ、1725年パリへ移住。1734年にmaître de musique des enfants de Franceすなわちルイ15世の子供たちの音楽教師に任命される。1748年から、ヴァイオリニストジャン=ジョゼフ・ド・モンドンヴィルと共に、コンセール・スピリチュエルを指導。1730年代と1750年代を通じて、パリ・オペラにて6作のオペラを作曲。その中では、バレエグレナダの女王ザイード Héroïque Zaïde, reine de Grenade》が最も人口に膾炙している。1753年、栄誉ある王室音楽監督を拝命。同年、王立歌劇場管弦楽団の監督に任命された。パリで死去。

作品[編集]

特に第14番La Marche des Scythes(スキタイ人の行進)は華やかな技巧により人気が高く、今日なお演奏される機会が少なくない。

外部リンク[編集]