ジョゼフ・ガリエニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョゼフ・シモン・ガリエニ
Joseph Simon Gallieni
Joseph Gallieni Cpe.png
生誕 1849年4月24日
オート=ガロンヌ県
死没 1916年5月27日(満67歳没)
イヴリーヌ県 ヴェルサイユ
所属組織 フランスの旗フランス陸軍
軍歴 1868 - 1914
1914 - 1916
最終階級 陸軍准将
テンプレートを表示

ジョゼフ・シモン・ガリエニ(Joseph Simon Gallieni、1849年4月24日 - 1916年5月27日)は、フランス軍人。陸軍元帥。フランスの南西部に位置するオート=ガロンヌの出身。

経歴[編集]

フランス植民地軍に属し、マルティニクフランス領スーダンフランス領インドシナマダガスカル等で勤務する。マダガスカルの後は本国に移りフランス軍総司令官となるが、1911年にかつて部下であったジョフルを後任に推す。さらに高齢と持病の悪化のために1914年3月に退役した。

しかし直後に第一次世界大戦が勃発、ベルギーを突破したドイツ軍がパリに迫ると現役に復帰し、マルヌ会戦ではパリ軍事総督としてフランス軍の一翼を担った。なおこの時パリ中のタクシーを集めて兵士の輸送に充てたことで知られている。1915年には陸軍大臣に就任したが、翌1916年3月に病状が悪化したため辞任・退役し5月に病死した。後の1921年に元帥号が贈られた。