ジュリアン・ドーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジュリアン・ドーズ(Julian Dawes、1942年 - )は、イギリス作曲家

バーミンガム大学ロンドン芸術教育学校オックスフォード演劇学校などで伴奏者・教師として活動。

作曲家としてコンサート音楽、劇音楽、ドキュメンタリー映画やテレビの音楽など様々な作品を書いている。コンサート音楽には2曲の協奏曲があり、その1つは2002年ドイツシュヴァインフルトで行われた国際マンドリンコンクールからの委嘱されたマンドリン協奏曲である。またホロコーストをテーマにした歌曲「灰の歌」はイスラエルで放送され賞賛を受けた。他に「モーセの死」などのカンタータがある。

主な作品[編集]

カンタータ[編集]

  • モーセの死
  • ルツ

管弦楽[編集]

  • エレジー~ヴァイオリンと弦楽のための
  • 協奏曲~マンドリンと弦楽のための
  • 小バガテル~チェロと弦楽のための

マンドリンオーケストラ[編集]

  • ディヴェルティメント

室内楽[編集]

  • ソナタ~フルートとハープシコードのための
  • 組曲~マンドリンとピアノのための
  • ソナチネ~フレンチホルンとピアノのための
  • 9つのインヴェンション~アルトサックスとヴァイオリンのための

外部リンク[編集]