ジャック (原子力潜水艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS Jack (SSN-605).jpg
艦歴
発注: 1959年3月13日
起工: 1960年9月16日
進水: 1963年4月24日
就役: 1967年3月31日
退役: 1990年7月11日
除籍: 1990年7月11日
その後: 原子力艦再利用プログラム
性能諸元
排水量: 水上:3,968トン
全長: 297 ft 4 in (91 m)
全幅: 31 ft 7 in (9.6 m)
吃水: 25 ft 4 in (7.7 m)
機関: S5W reactor
最大速: 20+ ノット (37 km/h)
乗員: 士官、兵員95名
兵装: 21インチ魚雷発射管4基、
サブロック
モットー: '

ジャック (USS Jack, SSN-605) は、アメリカ海軍原子力潜水艦パーミット級原子力潜水艦の7番艦。艦名は様々な魚の名であるジャックに因む。その名を持つ艦としては2隻目。

艦歴[編集]

ジャックの建造は1959年3月13日にメイン州キタリーポーツマス海軍造船所に発注され、1960年9月16日に起工する。1963年4月24日にグローブス夫人(マンハッタン計画責任者レズリー・グローヴス中将の妻)によって命名、進水し、1967年3月31日に艦長ルイス・T・ウルバンツィク・ジュニア中佐の指揮下就役する。

ジャックは姉妹艦に比べ船体長が20フィート長く、実験用のダイレクト・ドライブ1軸シャフトを装備していた。

ジャックは1990年7月11日に退役し、同日除籍された。その後ワシントン州ブレマートン原子力艦再利用プログラムの下に解体が始まり、1992年6月30日に作業は完了した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]