ジャコモ・ルッソ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャコモ・ルッソ
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
出身地 同・ミラノ
生年月日 1937年10月23日
没年月日 1967年6月18日(満29歳没)
F1での経歴
所属チーム '64 ロブ・ウォーカー
'65 - '66 ロータス
活動時期 1964 - 1966
出走回数 3 (2 starts)
優勝回数 0
通算獲得ポイント 0
表彰台(3位以内)回数 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初戦 1964年イタリアGP
最終戦 1966年イタリアGP
テンプレートを表示

ジャコモ・ルッソGiacomo Russo, 1937年10月23日 - 1967年6月18日)は、イタリアミラノ出身のレーシングドライバー。レースでは"ジェーキ""Geki")という変名を使っていた。

経歴[編集]

イタリアの下位フォーミュラでは有能なドライバーで、イタリアF3選手権シリーズのチャンピオンを1961年から1964年まで4年連続で獲得した[1](1961 - 1963年まではフォーミュラ・ジュニアの名称[1])。

F1には、1964年から1966年までイタリアGPに3回出走した。1964年はロブ・ウォーカーからブラバムをドライブしたが予選落ちした。この後ロータスから2戦に出走したが、ポイントを獲得することはできなかった。

ルッソは1967年にカゼルタで行われたイタリアF3レースでの大事故によって死亡した。 エルネスト・ブランビラクレイ・レガツォーニ、ジャーグ・ダブラー、ロマーノ "タイガー" ペルドーニとコラード・マンフレディーニらを巻き込む多重事故が発生。ビート・フェール英語版が後から来るレーサーに大破した車両への注意を知らせるため車から降りて走り出した所に、ルッソを含む後続の車が避けきれず、フェールに衝突して死なせてしまう。それに続いて、ルッソのマトラが外壁にクラッシュして炎上しルッソが死亡、またペルドーニも死亡した。

F1での全成績[編集]

(key)

チーム シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 WDC Pts.
1964 ロブ・ウォーカー ブラバム
BT11
BRM MON NED BEL FRA GBR GER AUT ITA
DNQ
USA MEX NC 0
1965 チーム・ロータス 25 クライマックス RSA MON BEL FRA GBR NED GER ITA
Ret
USA MEX NC 0
1966 チーム・ロータス 33 クライマックス MON BEL FRA GBR NED GER ITA
9
USA MEX NC 0

脚注[編集]

  1. ^ a b Italian F3 Champions / Formula 3 / Formula Junior”. MotorSports Etc.. 2008年6月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年10月5日閲覧。

関連項目[編集]

スポーツのタイトル
先代:
none
イタリアF3チャンピオン
1964
次代:
アンドレア・デ・アダミッチ