ジェラルド・モッセ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジェラルド・モッセGerald Mosse巫斯義1968年1月3日 - )は、フランス出身の騎手である。2008年までの8シーズンを香港ジョッキークラブの所属騎手として過したが、家族との暮らしを優先するためにフランスに戻った。しかし、2009年秋より再び香港で騎乗している。

来歴[編集]

1983年に調教師パトリック・ビアンコーヌの下で騎手デビュー。翌1984年にフランスのチャンピオン見習騎手となった。

1988年、富士ステークスに出走するアワーズアフターと共に初来日を果たし、JRA初騎乗となった同レースでは3番人気に支持されたが7着という結果に終わった。

1991年/1992年シーズンより初めて香港で騎乗する。

1993年、再びフランスで騎乗し、アガ・カーン殿下の専属騎手として活躍した。

1997年、この年からディアヌ賞(フランスオークス)3連覇を達成する。

1999年、第13回ワールドスーパージョッキーズシリーズではフランス代表として初参戦を果たし、35ポイントを獲得し5位となった。

2001年/2002年シーズンより再び香港で騎乗する。

2005年、第55回安田記念では、翌年の覇者ブリッシュラックに騎乗し4着となっている。

2007年、第57回安田記念に出走するジョイフルウィナーと共に来日しレースに臨むも9着に終わる。

主な騎乗馬[編集]

関連項目[編集]