ジェフリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェフリア
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ワシントンDC
ジャンル ハードロック
ヘヴィメタル
活動期間 1981年 - 1987年
レーベル MCAレコード
旧メンバー
グレッグ・ジェフリア (キーボード)
デヴィッド・グレン・アイズレー (ヴォーカル)
アラン・クリガー (ドラムス)
クレイグ・ゴールディ (ギター)
チャック・ライト (ベース)
ラニー・コードラ (ギター)
デヴィッド・サイクス (ベース)
リック・ボゾ (ベース)

ジェフリア(Giuffria)は、アメリカ1981年から1987年まで活動していたロックバンド1984年のデビューアルバムで26位(Billboard 200)を獲得したが、セカンドアルバムの失敗後に解散。メンバーのルックスがよく実力もあったが、わずか6年間という活動期間の短さもあって知名度は高くはない。"Call To The Heart"は有名。

概要[編集]

1970年代にヒットしたヘヴィメタルバンド、エンジェルで活動していたキーボディストのグレッグ・ジェフリアは、エンジェル解散後、スタジオ・エンジニアとして目立たずに働いていた。1980年代に入り、ロックシーンがヘヴィメタル一色となると、グレッグは1984年にデビューしたヘヴィメタルバンド、ホワイト・シスターにプロデュースを依頼される。そのような経緯もあり、同年グレッグはエンジェルを再結成して活動を再開する。後にグレッグはエンジェルをジェフリアに改名、スタジオアルバム "Giuffria"でデビューする。

収録曲のひとつであった"Call To The Heart"は全米15位まで上りつめ、セールスは良好であった。一方でロックバンドジャーニーの真似だとする声も少なくなかったが、ジャーニーとは違う新鮮なサウンドを取り入れていたため、評価は良かった。

しかし、クレイグ・ゴールディとチャック・ライトが脱退。クレイグはディオに、チャックはクワイエット・ライオットに加入した。メンバーを補充して1986年に発表したセカンドアルバム"Silk and Steel "は「ジャーニーの完全な真似」と酷評されヒットせず、すぐにMCAレコードとの契約も解除。沈黙が続き、翌1987年にジェフリアは解散する。

グレッグなどメンバー複数人はその後、以前から親しかったキッスジーン・シモンズの支援もあり、1988年にハウス・オブ・ローズを結成。他メンバーも有名バンドやバッキング演奏などに当てはまっていった。

結果的に、ジェフリアは実力は高かったものの一流バンドになれなかった不遇バンドとも言われる。

エンジェルはその後、実業家として成功したグレッグを除いて再結成、現在も活動している。