シリウス (蒸気船)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シリウス
船歴
船籍 イギリス国旗イギリス
建造 1837年
その後 1847年1月16日に遭難
性能諸元
総トン数 1,995トン
積載トン数 703トン
全長 200フィート (60.9m)
全幅 25フィート (7.62m)
全幅
(外輪も含めた場合)
47フィート (14.3m)
吃水 15フィート (4.5m)
機関 蒸気機関
マスト
速力 8.03ノット
乗客定員 40名
乗務員 36名

シリウスSS Sirius)は、1837年に建造された蒸気船、及び外輪船である。蒸気船でありながら、補助用のを装着するためのマストを2本持つ。[1]

概要[編集]

シリウスは1837年に建造された。大西洋を蒸気機関のみで横断できる能力を持って建造された最初の蒸気船であり、建造後、ロンドンコークを結ぶアイリッシュ海定期船として運航された。

グレート・ウェスタンとの競争[編集]

当時のイギリス・アメリカ汽船会社は、大西洋航路の定期船化を計画しており、この航路に建造中の客船ブリティッシュ・クイーンを使用する予定だった。ところが、先に完成した蒸気船グレート・ウェスタンが同航路に就航することが明らかとなり、これとの競争という側面も兼ねて、シリウスをチャーターしてサービス開始時期を早めることとした。

シリウスはグレート・ウェスタンの出航4日前、1838年4月4日に40名の乗客を乗せてアイルランドコークを出港し、グレート・ウェスタンは1838年4月8日イングランドのブリストルを出航した。

同年4月22日、シリウスはグレート・ウェスタンに先んじて、わずか18日14時間22分で大西洋を横断しニューヨークに到着した。[2]これによりシリウスは史上初のブルーリボン賞保持船舶となった。しかし、シリウスが記録を打ち立てた翌日、グレート・ウェスタンが航海日数15日、最高速力8,66ノットという新たな記録を打ち立てた。加えて、シリウスはグレート・ウェスタンを抜くために重い家具や予備の帆桁を処分して軽量化していたことが明らかとなり、結局グレート・ウェスタンにブルーリボン賞を奪われてしまった。その後は旅客の減少により、シリウスは大西洋横断の航路から外された。

遭難[編集]

1847年1月16日、シリウスはアイルランド沖、コークとバリコットンの中間で座礁・沈没し、救命ボートで無理に脱出しようとした20名が死亡、他の船舶に救出された71名が生還した。この時、乗客はバリコットンにおいて手荷物を略奪され、荷物は一つも残っていない。

脚注[編集]

  1. ^ Kludas, Arnold. "Das blaue Band des Nordatlantiks", 1999, pg 35 (in German)
  2. ^ From list of record holders found on http://www.greatships.net

外部リンク[編集]

記録
先代:
無し
ブルーリボン賞 (船舶)保持船舶 (西回り航路)
1838年
次代:
グレート・ウェスタン
先代:
無し
ブルーリボン賞 (船舶)保持船舶 (東回り航路)
1838年
次代:
グレート・ウェスタン