ショパン 愛と哀しみの旋律

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ショパン 愛と哀しみの旋律
Chopin. Pragnienie miłości
監督 イェジ・アントチャク
脚本 イェジ・アントチャク
ヤドヴィガ・バランスカ
製作 イェジ・アントチャク
パヴェウ・ラコヴスキ
出演者 ピョートル・アダムチク
ダヌタ・ステンカ
音楽 フレデリック・ショパン
イェジー・マクシミウク
ヤヌーシュ・オレイニチャク
ヨーヨー・マ
横山幸雄
撮影 エドヴァルト・クウォシンスキ
編集 エヴァ・ロマノヴスカ=ルジェヴィッチ
製作会社 Agencja Produkcji Filmowej
Antczak Production
PKO Bank Polski S.A.
Skorpion Art Film
Telewizja Polska (TVP)
Wizja TV
配給 ポーランドの旗 ITI Cinema
日本の旗 ショウゲート
公開 ポーランドの旗 2002年3月1日
日本の旗 2011年3月5日
上映時間 ポーランドの旗 134分
アメリカ合衆国の旗 118分
日本の旗 126分
製作国 ポーランドの旗 ポーランド
言語 ポーランド語
フランス語
英語
製作費 $3,500,000[1]
テンプレートを表示

ショパン 愛と哀しみの旋律』(ショパン あいとかなしみのせんりつ、ポーランド語: Chopin. Pragnienie miłości英語: Chopin: Desire for Love )は、2002年ポーランド伝記映画

ストーリー[編集]

1830年、若き作曲家ショパンは愛する祖国ポーランドを後にした。ポーランドを直轄統治する帝政ロシア大公の専横を嫌ったためだった。ウィーンを経てパリに辿り着くも、ショパンの書く譜面はなかなか出版社に受け入れられなかった。しかし、上流階級が集うサロンで技量を披露した結果、ショパンは一躍、売れっ子作曲家・演奏家としての地位を確立した。

この頃、女流作家としてパリ社交界に名を馳せていたジョルジュ・サンドは、15歳年下のショパンを気に入り、自ら積極的に接近していった。裕福なサンドは1838年に、ショパンの病気療養も兼ねて、共にマヨルカ島に長期滞在した。この旅にはサンドの子供たちも同行しており、15歳の息子モーリス英語版は母とショパンの愛人関係に苛立ちを募らせていった。

数年後、ショパンとサンドは、ノアンにあるサンドの別荘とパリを行き来する生活を続けていた。しかし、年頃になったサンドの娘ソランジュが、ショパンに恋をして母と対立するようになり、1847年にショパンとサンドの関係は終りを告げた。

サンドと別れたショパンは、結核[2]が悪化し、経済的にも困窮していった。祖国ポーランドから看病に駆けつけた姉のルドヴィカに看取られて、ショパンは1849年に39歳で亡くなった。愛国者であったショパンの心臓は、遺言によってルドヴィカの手でポーランドに持ち帰られた。

キャスト[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Chopin. Pragnienie milosci (2002) - Box office / business” (英語). IMDb. 2012年7月8日閲覧。
  2. ^ ショパンの疾病は肺結核である可能性が高い。『フレデリック・ショパン』参照。
  3. ^ ヴォイチェフ・グジマワ英語版とも呼ばれるポーランドの伯爵。政治家としてパリに赴任中に親身になってショパンを支援し、臨終にも立ち会った。

外部リンク[編集]