シュヴェンチョニース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シュヴェンチョニース
Švenčionys
Svencionys.jpg
シュヴェンチョニースの市章
市章
位置
シュヴェンチョニースの位置(リトアニア共和国)の位置図
シュヴェンチョニースの位置(リトアニア共和国
座標 : 北緯55度08分 東経26度10分 / 北緯55.133度 東経26.167度 / 55.133; 26.167
歴史
文献に登場 1800年
市に制定 1961年
行政
リトアニアの旗 リトアニア
 地方 アウクシュタイティヤ
  ヴィリニュス県
 自治体 シュヴェンチョニース地区自治体
 市 シュヴェンチョニース
人口
人口 2009年現在)
  市域 5,562人
その他
等時帯 EET (UTC+2)
夏時間 EEST (UTC+3)
郵便番号 LT-18001
公式ウェブサイト : http://www.svencionys.lt/

シュヴェンチョニースリトアニア語: Švenčionys)はリトアニア都市。首都ヴィリニュスの北 84 km に位置する。人口は5,562人(2009年現在)。人口の約3分の1がポーランド人の少数民族である。

都市名[編集]

シュヴェンチョニース(リトアニア語: Švenčionys)の各国語の表記は以下の通り。

歴史[編集]

シュヴェンチョニースはリトアニア大公国で最も古くからある街の一つで、14世紀から16世紀には街に地方の裁判所や修道院ができ、発展を遂げた。1830年から1831年にかけてポーランドやリトアニア各地でロシア帝国の支配に反発して起きた、11月蜂起の中心地の一つでもある。戦間期はポーランド軍の侵攻によりポーランド共和国領となった。ユダヤ人人口の多い街でもあり、1897年のロシア帝国による人口統計によると人口の52%がユダヤ人であったという[1]。しかし第二次世界大戦中に彼らの居住区は破壊され、ユダヤ人は追放され殺害された[2]。また、1941年から1943年にかけては街にゲットーも設置された。戦時中、数千人におよぶ現地のユダヤ人およびポーランド人が殺された[3]。戦後はリトアニア・ソヴィエト社会主義共和国領となった。

人口[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Demoscope Weekly – Annex. Statistical indicators reference. 2010年7月13日閲覧.
  2. ^ "Lithuania." Holocaust Encyclopedia. United States Holocaust Memorial Museum. 2010年4月1日. 2010年7月13日閲覧.
  3. ^ "Instytut Pamięci Narodowej." 2005年3月15日. 2010年7月13日閲覧.

関連項目[編集]