リトアニアの地方行政区画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リトアニアの地方行政区画(リトアニアのちほうぎょうせいくかく)は1994年より適用されており、2000年には欧州連合 (EU) 加盟条件を満たすためにやや修正が施されている。

リトアニアは3段階の行政区画があり、まず第一級行政区画として10の県が設置されており、その下に計60の基礎自治体が設置されている(以前は計56であった)。さらにその下には計500以上の区が設置されている。

また行政区画とは別に、文化的観点から5つの民族誌上の地方にも分けられる。

[編集]

リトアニアはまず10のリトアニア語: apskritis、複数形: apskritys)に分けられており、それぞれの県名は県庁所在地の市名に由来する。

県は、中央政府が任命した県知事(リトアニア語: apskrities viršininkas)が統括する。県知事は、地方自治体がリトアニア共和国憲法や同国の法令を遵守していることを保証する立場にあるが、県知事には十分な権限が与えられない。また県は管轄下の各自治体が国の法令、綱領、政策を履行しているかどうかを監督する[1]。県の機能は限られたものでしかなく、そのため、現在は10ある県の数を減らし、文化的区分にもとづく4つの新たな県を設置する案[2]や、10万人以上の都市を中心とした5つの県を設置する案[3]も出ている。

現在の県制度は戦間期の制度とは異なる。当時は県の下に地区 (valsčius) が設置されていた。現在では基礎自治体 (savivaldybė) 、さらには区 (seniūnija) が設置されている。

県章・県名 県庁所在地 面積(km2
(2005年)[4]
人口
(2011年)[4]
人口密度(/km2
(2010年)[4]
下位自治体
Alytus County COA.png
アリートゥス県
Alytaus apskritis
アリートゥス
Alytus
5,424.84
(第6位)
167,262
(第7位)
32.0
(第8位)
  • アリートゥス都市自治体
  • アリートゥス地区自治体
  • ヴァレナ地区自治体
  • ドルスキニンカイ基礎自治体
  • ラズディヤイ地区自治体
Vilnius County COA.png
ヴィリニュス県
Vilniaus apskritis
ヴィリニュス
Vilnius
9,730.66
(第1位)
838,891
(第1位)
87.2
(第1位)
  • ヴィリニュス都市自治体
  • ヴィリニュス地区自治体
  • ウクメルゲ地区自治体
  • エレクトレナイ基礎自治体
  • シャルチニンカイ地区自治体
  • シュヴェンチョニース地区自治体
  • シルヴィントス地区自治体
  • トラカイ地区自治体
Utena County COA.png
ウテナ県
Utenos apskritis
ウテナ
Utena
7,201.26
(第5位)
163,351
(第9位)
24.0
(第10位)
  • アニークシュチェイ地区自治体
  • イグナリナ地区自治体
  • ヴィサギナス都市自治体
  • ウテナ地区自治体
  • ザラサイ地区自治体
  • モレタイ地区自治体
Kaunas County COA.png
カウナス県
Kauno apskritis
カウナス
Kaunas
8,089.33
(第3位)
647,509
(第2位)
82.4
(第2位)
  • カイシェドリース地区自治体
  • カウナス都市自治体
  • カウナス地区自治体
  • ケダイネイ地区自治体
  • ビルシュトナス基礎自治体
  • プリエナイ地区自治体
  • ヨナヴァ地区自治体
  • ラセイネイ地区自治体
Klaipeda County COA.png
クライペダ県
Klaipėdos apskritis
クライペダ
Klaipėda
5,209.24
(第7位)
366,935
(第3位)
72.3
(第3位)
  • クライペダ都市自治体
  • クライペダ地区自治体
  • クレティンガ地区自治体
  • シルテ地区自治体
  • スクオダス地区自治体
  • ネリンガ基礎自治体
  • パランガ都市自治体
Siauliai County COA.png
シャウレイ県
Šiaulių apskritis
シャウレイ
Šiauliai
8,540.10
(第2位)
329,063
(第4位)
40.0
(第4位)
  • アクメネ地区自治体
  • ケルメ地区自治体
  • シャウレイ都市自治体
  • シャウレイ地区自治体
  • パクルオイス地区自治体
  • ヨニシュキス地区自治体
  • ラドヴィリシュキス地区自治体
Taurage County COA.png
タウラゲ県
Tauragės apskritis
タウラゲ
Tauragė
4,411.40
(第9位)
120,692
(第10位)
28.3
(第9位)
  • シラレ地区自治体
  • タウラゲ地区自治体
  • パゲゲイ基礎自治体
  • ユルバルカス地区自治体
Telsiai County COA.png
テルシェイ県
Telšių apskritis
テルシェイ
Telšiai
4,350.41
(第10位)
166,322
(第8位)
39.3
(第6位)
  • テルシェイ地区自治体
  • プルンゲ地区自治体
  • マジェイケイ地区自治体
  • リエタヴァス基礎自治体
Panevezys County COA.png
パネヴェジース県
Panevėžio apskritis
パネヴェジース
Panevėžys
7,880.44
(第4位)
270,798
(第5位)
35.3
(第7位)
  • クピシュキス地区自治体
  • パスヴァリース地区自治体
  • パネヴェジース都市自治体
  • パネヴェジース地区自治体
  • ビルジャイ地区自治体
  • ロキシュキス地区自治体
Marijampole County COA.png
マリヤンポレ県
Marijampolės apskritis
マリヤンポレ
Marijampolė
4,462.55
(第8位)
173,686
(第6位)
40.0
(第4位)
  • ヴィルカヴィシュキス地区自治体
  • カズルー・ルーダ基礎自治体
  • カルヴァリヤ基礎自治体
  • シャケイ地区自治体
  • マリヤンポレ基礎自治体

基礎自治体[編集]

リトアニアの自治体

基礎自治体リトアニア語: savivaldybė、複数形: savivaldybės)はリトアニアの中でももっとも重要な行政区画である。単に自治体とも訳される。中にはその歴史的経緯から地区自治体(rajono savivaldybė)と呼ばれるものもあり、そうした自治体は単に地区(rajonas)とも呼ばれる。また都市自治体(miesto savivaldybė)と称する自治体もあり、それらは単に(miestas)とも呼ばれる。

それぞれの自治体には選挙で選ばれた執行機関がある。過去には自治体の選挙は3年に1度行われていたが、現在では4年に一度行われている。自治体議会は市長を選出し、各区の区長を任命する。市長や区長を直接選挙する案も出ているが、そのためには憲法の改正が必要となる[5]

[編集]

国内全体で500以上設置されているリトアニア語: seniūnija、複数形: seniūnijos)は、リトアニアで最小の行政区画であり、国政レベルでは何の機能も果たすものではない。区は各家庭に対して必要な公共サービスを提供する。例えば、農村部では区が出生や死亡を登記する。社会福祉の面でももっとも重要な役割をはたすのが区で、貧困下にいる人や家庭を把握し、生活手当を分配、さらに他の福祉金も準備する[6]。区は、農村部の問題に対する改善策を地元から提起できる立場にあるが、しかし区には実際の権限がなく注目をあつめることもほとんどない、と指摘されている[7]

民族誌上の地方[編集]

リトアニアの歴史的区分

行政区画とは別に、文化的な観点から5つの地方に分けられる。

  • アウクシュタイティヤ (Aukštaitija) - 北東部
    リトアニア語で「高地」の意。アウクシュタイティヤで用いられていた言語がリトアニア語の基礎となった。
  • ジェマイティヤ (Žemaitija) - 北西部
    リトアニア語で「低地」の意。英語などではサモギティア (Samogitia) とも呼ばれる。ジャマイティヤ語は、標準リトアニア語との差異が大きく互いの話者間での意思疎通は難しいが、現在ではリトアニア語の一方言とされることが多い。
  • ズーキヤ (Dzūkija) - 南東部
    リトアニアでは最も人口密度が低く、また大半が砂地なため農業に不向きな土地である。人々は伝統的にズーキヤ方言を話すが、これはアウクシュタイティヤ方言の下位方言に位置づけられている。
  • スヴァルキヤ (Suvalkija) - 南西部
    ネムナス川の南に位置する。19世紀ポーランド立憲王国領とされたことで独自のアイデンティティが育まれることとなった。
  • 小リトアニア (Mažoji Lietuva) - 沿海部
    小リトアニアの大半は、現在リトアニアではなくロシアカリーニングラード州の領土となっている。また現在リトアニア領となっている地域はクライペダ地方 (Klaipėdos kraštas) とも呼ばれる。
    小リトアニアはかつてのリトアニア大公国の領土外の地域であり、プロシア語を話すプロイセン人の居住区であった。現在ではジェマイティヤに含まれることも多い。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ (リトアニア語) Lietuvos Respublikos apskrities valdymo įstatymas. セイマスデータベース. 1994年12月15日. Law no. I-707. 2006年6月3日閲覧.
  2. ^ (リトアニア語) Žilvytis Bernardas Šaknys. Lietuvos Respublikos administracinio teritorinio suskirstymo perspektyvos: etnografiniai kultūriniai regionai. セイマス民族文化保護協議会. 2002年12月12日. 2006年6月4日閲覧.
  3. ^ (リトアニア語) Antanas Tyla. Pastabos dėl Apskričių valdymo reformos koncepcijos. セイマス民族文化保護協議会. 2001年5月16日. 2006年6月4日閲覧.
  4. ^ a b c リトアニア統計局ホームページ. 2011年4月2日閲覧.
  5. ^ (リトアニア語) Justinas Vanagas. Seimo prioritetai šią sesiją – tiesioginiai mero rinkimai, gyventojų nuosavybė ir euras. Delfi.lt. 2005年9月5日. 2006年6月3日閲覧.
  6. ^ (リトアニア語) Lietuvos Respublikos vietos savivaldos įstatymo pakeitimo įstatymas, セイマスデータベース. 2000年10月12日. Law no. VIII-2018. 2006年6月3日閲覧.
  7. ^ (リトアニア語) Indrė Makaraitytė. Europos Sąjungos pinigai kaimo neišgelbės. Atgimimas. Delfi.lt. 2004年12月16日. 2006年6月4日閲覧.

関連項目[編集]