シャルル・ルヌヴー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シャルル・ルヌヴ

シャルル・フェルディナン・ルヌヴーCharles Ferdinand Lenepveu, *1840年10月4日 ルーアン - 1910年8月16日 パリ)はフランス作曲家・音楽教師。

略歴[編集]

パリ音楽院アンブロワーズ・トマに師事し、1865年ローマ大賞を受賞。ローマ遊学中に完成させたオペラ=コミック《フィレンツェの男(フランス語: Le Florentin)》により、1868年オペラ・コミック座のオペラ作曲コンクールに入賞し、1874年には同作のパリ初演を果たした。ルヌヴーの音楽は、決して流行に乗って成功したわけではなかったが、フランスの国境を越え、例えばシャトーブリアンの『殉教者(Les Martyrs)』を原作とする2作めの歌劇《ヴェレダ(Velléda)》は、1882年ロンドンコヴェント・ガーデン歌劇場で初演されている。1880年よりパリ音楽院和声法作曲を指導し、1894年エルネスト・ギローの後任として作曲法の教授に任命された。門下にポール・バズレールフィリップ・ゴーベールポール・ピエルネアンドレ・カプレらを擁する。

1878年にクレッサン賞(Prix Cressent)の審査員を務める。1887年レジオンドヌール勲章を授与され、1896年には恩師トマの後任として芸術アカデミーの正会員に迎えられた。

ルーアンにはルヌヴーと名付けられた街路がある。

作品[編集]

5つの歌劇のほかに、2つのレクィエムや《婚礼のミサ曲》などの多数の合唱曲や、ピアノオーケストラのための協奏的作品を手懸けた。

  • 歌劇《フィレンツェの男》 (Le Florentin, opéra)
  • 歌劇《ヴェレダ》 (Velléda, opéra)
  • 抒情劇《ジャンヌ・ダルク》 (Jeanne d'Arc, drame lyrique) (1886年6月1日ルーアン大聖堂にて上演)
  • ジャンヌ・ダルクのための勝利の頌歌 (Ode triomphale à Jeanne d'Arc
  • 抒情的情景《イーピゲネイア》 (Iphigénie, grande scène lyrique)
  • 葬礼と勝利の賛歌 (Hymne funèbre et triomphal

外部リンク[編集]

Charles Lenepveu (1840-1910)