シャルル・ブリュック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シャルル・ブリュック(Charles Bruck, 1911年5月2日 - 1995年7月16日)は、ハンガリー出身の指揮者、音楽教師[1]

オーストリア=ハンガリー帝国ティミショアラの生まれ。 地元で音楽を学んだあと、1928年にウィーン音楽院でピアノと作曲を学んだのちにパリに遊学し、エコールノルマル音楽院アルフレッド・コルトーナディア・ブーランジェヴラド・ペルルミュテールの各氏に師事した。1934年からはピエール・モントゥーに指揮法を習い、モントゥーがサンフランシスコに移った時には助手として付き従った。

1939年にはフランス国籍を取得し、第二次世界大戦に際してはレジスタンス活動に従事した。 1950年からオランダ歌劇場の指揮者を務め、1955年にはストラスブール・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者に転出。さらに1965年にはフランス放送フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者に移籍し、1970年まで務めている。 1969年には、師のモントゥーがアメリカ合衆国メイン州ハンコックに開設していた指揮者学校、の教師になり、没年まで務めた。

ブリュックは、ハンコックで没した。

脚注[編集]

外部リンク[編集]