シェリダン・レ・ファニュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シェリダン・レ・ファニュ

ジョゼフ・シェリダン・レ・ファニュ(Joseph Sheridan Le Fanu, 1814年8月28日 - 1873年2月7日)は、アイルランド人小説家怪奇小説ミステリーを得意とした怪談作家であり、19世紀以降の短編小説のジャンルに大きな影響を与えた。

レ・ファニュはダブリン貴族の家に生まれた。祖母アリス・シェリダン・レ・ファニュと、彼女の兄リチャード・ブリンズリー・シェリダン(大伯父)はどちらも劇作家で、レ・ファニュの姪ローダ・ブロートンは小説家として成功した。

レ・ファニュはダブリンのトリニティ・カレッジで法を学んだ。1839年、彼は大学歴史協会の監査役に選出され、法廷へ出入りするようになった。しかし彼は法律の専門家になるのではなく、ジャーナリストになり、その後死ぬまで作品を発表し続けた。そのほとんどは「ダブリン大学マガジン」という月刊雑誌で発表され、同誌の発行部数増加に大きく寄与した。

1861年、レ・ファニュは「ダブリン大学マガジン」を買い取り、1869年まで編集の主幹を務めた。その間、以前にも増して同誌において多くの作品を連載形式で発表した。彼は晩年「ダブリンイヴニングメール」など、いくつかの定期刊行物を保有し、1873年2月7日に故郷のダブリンで亡くなった。生涯で遺した作品は、長編小説15篇、短編小説約80篇で、「短編長編ともにほとんど全部が恐怖、怪奇、犯罪、陰謀を題材にしたものばかり」(平井呈一)となっている。

レ・ファニュ作品の構想はよく練られており、また生き生きとしている。彼は読者に直接ショックを与えるよりも、話の流れで恐怖を感じさせることを専門とし、そのためにしばしばミステリーの形式を採った。その繊細な表現は、吸血鬼小説『カーミラ』などで非常に印象的である。

『カーミラ』(1872年)は吸血鬼小説として、ブラム・ストーカーの『ドラキュラ』(1897年)に多大な影響を及ぼした。そしてデンマーク人監督カール・テオドア・ドライヤーによる特異な傑作映画『吸血鬼』(1932年)の基礎として役立った。また初期の作品『Episode in the History of a Tyrone Family』(1839年)は、シャーロット・ブロンテの『ジェイン・エア』(1847年)に影響を及ぼしたと言われる。レ・ファニュはヴィクトリア朝期のアイルランドホラーの父であるとも呼ばれている。

作品リスト[編集]

  • The Cock and Anchor (1845)
  • The Fortunes of Colonel Torlogh O'Brien (1847)
  • The House by the Churchyard (1863)(『墓地に建つ館』河出書房新社 2000年)
  • Uncle Silas (1864)(『アンクル・サイラス』創土社 1980年)
  • Wylder's Hand (1864)(『ワイルダーの手』国書刊行会 1982年)
  • Guy Deverell (1865)
  • All in the Dark (1866)
  • The Tenants of Malory (1867)
  • A Lost Name (1868)
  • Haunted Lives (1868)
  • The Wyvern Mystery (1869)
  • Checkmate (1871)
  • The Rose and the Key (1871)
  • Chronicles of Golden Friars (1871)(『ゴールデン・フライヤーズ奇談』福武書店 1990年)
  • Willing to Die (1872)
  • In a Glass Darkly (1872)
    • Carmilla (※)
  • The Purcell Papers (1880)
  • The Watcher and Other Weird Stories (1894)

※日本においてはこの『カーミラ』が最も広く知られているが、訳によって『吸血鬼カーミラ』『女吸血鬼カーミラ』『女吸血鬼カルミラ』『吸血少女カーミラ』などタイトルは異なる。少女向けジュブナイル作品の体裁をとることが多い。

日本語訳のある短編[編集]

  • 白い手の怪、墓堀りクルックの死、シャルケン画伯、大地主トビーの遺言
  • 仇魔 (The Watcher)、判事ハーボットル氏、吸血鬼カーミラ(※)(「吸血鬼カーミラ」創元推理文庫 1981年)

※既述のように、この作品は、子供向けに再話されて数社から出版されてもいる。

  • アイルランドのある伯爵夫人の秘めたる体験、タイローン州のある名家の物語、夢(「レ・ファニュ傑作集」国書刊行会 1983年)

以上の2点は個人作品集。以下はアンソロジー中に収録されているもの。

  • 緑茶(「怪奇小説傑作集1 英米編」創元推理文庫 1969年、「イギリス幻想小説傑作集」白水社 1985年)
  • クロウル奥方の幽霊(「こわい話・気味のわるい話 第1輯」牧神社出版 1974年、「恐怖の愉しみ(上)」東京創元社 1985年)
  • 白い猫(「猫に関する恐怖小説」徳間書店 1980年)
  • ロッホ・ギア物語(「イギリス怪談集」河出書房新社 1990年)
  • 妖精にさらわれた子供(「怪奇小説の世紀 第2巻」国書刊行会 1993年)
  • オンジエ通りの怪(『ヴィクトリア朝幽霊物語』アティーナ・プレス 2013年)

外部リンク[編集]