サケガシラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サケガシラ
Trachipterus ishikawae.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
亜綱 : 新鰭亜綱 Neopterygii
: アカマンボウ目 Lampriformes
: フリソデウオ科 Trachipteridae
: サケガシラ属 Trachipterus
: サケガシラ T. ishikawae
学名
Trachipterus ishikawae
Jordan and Snyder 1901
和名
サケガシラ 
(裂頭)もしくは(鮭頭)

サケガシラ裂頭 学名 Trachipterus ishikawae )は条鰭綱アカマンボウ目フリソデウオ科の魚類の一種。

生息地[編集]

北海道から沖縄県までの日本近海の太平洋日本海全域に分布[1]。沖合中層域200-500m[1](海底から離れている[2])に生息している。

他のフリソデウオ科の魚のように、ごく稀に台風や大時化の後に、沿岸に漂着することがある。

地震の時に各地の浜に打ち上げられる[3]こともあり、そのため、地震魚と呼ばれたり、秋頃に見られた時には、サケを招く縁起の良い魚[4]という二つの見方がある。

時々沿岸の定置網に入ることもあり[5]、島根県隠岐西郷湾では中学生が釣り上げた[1]

特徴[編集]

大型魚類で、体型がタチウオに似て細長く、体長は大きいもので2m以上になる[1]

銀白色の体色で、背びれは朱色。成魚は体が横に扁平となり、眼は大きくて、眼径は吻長より大。口吻は下に向かって長く伸びる[4]。尾びれは小さい。腹部側には小さな棘のような鱗が多数並んで生えている。

浮き袋がなくそのままでは沈んでしまうので、体を斜めにして背びれを動かし、立ち泳ぎする姿勢をとると考えられる[5]。生態はよくわかっておらず、深海数百mの中層を漂いながら、アカマンボウ目の魚類の特徴である伸縮する口を持って、動物性プランクトンや浮遊性甲殻類を食べると推測されたり、動物プランクトンを食する近縁種のリュウグウノツカイとは異なり、小魚やイカを食べると推測されている[2]。2013年の捕獲個体には胃袋にイカのクチバシが多数見つかった[6]

しかし、アカマンボウ目の魚類では、艶やかともいえる姿の幼魚が多く見つかったの対し、本種の幼魚の発見は遅く、2014年に富山湾で見つかったのが最初。[7]稚魚や卵は未だに見つかってはいない。

近縁種であり、体型がよく似ているテンガイハタの頭部上部がなめらかなのに対し、本種は頭部上部に陥没したようにも見える溝があり、これが区別点となっている。裂けたように見えるので“裂頭”と、もしくは海中で立ち泳ぎする姿勢が、川を上るサケを思わせたことで、“鮭頭”とも呼ばれるようになったといわれるが、はっきりしない。

また、テンガイハタがたまに漁獲され、食用にされることもあるのに対し、深海の水圧に耐えるように体が柔らかくなっている本種の体はぷよぷよして柔らかい上に[4]、肉は水っぽくて生臭く、調理しても不味くて、食用には向かない[5]。一方、朝日新聞によると、「ゼラチン質たっぷりでノロゲンゲのような上質で絶品の味」としている[6]

遊泳力があまりないためにダルマザメの標的にされて、体表と肉を囓られたり、マッコウクジラの餌となることもある。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 何かの異変?深海魚サケガシラ、相次ぎ見つかる:科学2013年1月23日9時4分 記者:佐藤祐理 YOMIURI ONLINE(読売新聞) 2013-01-30閲覧
  2. ^ a b サケガシラとおもわれる魚の写真を送っていただきました。2001/6/12 国立科学博物館魚類研究室 2013-01-30閲覧
  3. ^ 竜宮浜に深海魚サケガシラ 京都・舞鶴沿岸で水揚げ 京都新聞2014年4月23日掲載 2014-04-24閲覧
  4. ^ a b c アカマンボウ目の珍魚2種:テングノタチとサケガシラ澤村正幸 函館水試調査研究部 (PDF) マリンネット北海道 地方独立行政法人北海道立総合研究機構 水産研究本部 企画調整部 2013-01-30閲覧
  5. ^ a b c 丹後の海の生き物(サケガシラ) 京都府立海洋センター主任 熊木豊 京都新聞2008年11月7日掲載京都府ホームページ 2013-01-30閲覧
  6. ^ a b サケガシラ/謎の深海魚 その味は-マイタウン兵庫2013年01月26日 文:本庄四郎 朝日新聞デジタル 2013-01-31閲覧
  7. ^ [[1]]

参考文献[編集]

  • 阿部宗明 北隆 『原色魚類大図鑑』 北隆館 ISBN 978-4832608207
  • 尼岡邦夫 『深海魚 暗黒街のモンスターたち』 ブックマン社、2009年。ISBN 978-4-89308-708-9