フリソデウオ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フリソデウオ科
Zu cristatus.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
亜綱 : 新鰭亜綱 Neopterygii
上目 : アカマンボウ上目 Lampridiomorpha
: アカマンボウ目 Lampriformes
: フリソデウオ科 Trachipteridae
本文参照

フリソデウオ科(Trachipteridae)は、アカマンボウ目に分類される類である。英語ではribbonfishと呼ばれ、和名と同様にスリムで帯のような形態から名付けられた。ふつう深海に住む(ただし底生魚ではない)ため、生きた姿を目撃されることは滅多にない。

長くて平たいテープのような体、短い頭、小さい口、貧弱な歯等の身体的な特徴から見分けられる。長い背びれは、背中のほとんどを覆っており、尻びれは持たない。尾びれはないこともあるが、ある場合には2つの鰭条の束からなり、そのうち上部のものは長く上方を向いている。胸びれは小さく、腹びれは数本の鰭条からなる場合もあるが、1本の長い鰭条からできていることもある。側線に沿ってとげがあり、皮膚には多数のこぶがある[1]。フリソデウオ科の魚は、深海魚が持つ性質を全て備えている。特にひれやそれに繋がる膜は、非常に繊細でもろい。若い個体では鰭条は非常に長く、付属器官が付いていることもある。

標本大西洋地中海で採集されているほか、ベンガル湾モーリシャス太平洋でも見つかっている。大西洋産の標本は主にアイスランドスカンディナヴィアオークニー諸島スコットランド等で採集されたものである。北大西洋のは英語では"deal fish"、アイスランド語では"vogmar"、スウェーデン語では"vagmar"として知られ、長さは1.5mから3.5mである。冬季には強風に乗って海岸近くまで打ち寄せられることもある。例えば、サケガシラは、台湾墾丁(ケンティン)海岸で2007年11月に生きたまま発見されたが、側部に10cm程の傷を負っており、深海に戻された。

台湾では、サケガシラは海底の変化を敏感に感じ取る能力を持っており、大きな地震の前触れとして現れると信じられており、「地震魚」と呼ばれている。

[編集]

テンガイハタ

FishBaseによると、3属10種が存在しているとされる。

出典[編集]

  1. ^ Olney, John E. (1998). Paxton, J.R. & Eschmeyer, W.N.. ed. Encyclopedia of Fishes. San Diego: Academic Press. p. 158. ISBN 0-12-547665-5.