ゴール県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Example.of.complex.text.rendering.svg この項目にはインド系文字が含まれています。環境によっては、フォントをインストールしていても、母音記号の位置が乱れたり結合文字が分かれたりします詳細
ゴール県
ගාල්ල දිස්ත්‍රික්කය
காலி மாவட்டம்
Galle District
—    —
ゴール県
スリランカの旗 スリランカ
南部州(スリランカ)の旗 南部州
県都 ゴール
面積
 - 計 1,652km2 (637.8mi2)
 - 陸地 1,617km2 (624.3mi2)
 - 水面 35km2 (13.5mi2)
人口 (2012年[1])
 - 計 1,059,046人
 - 人口密度 641.1人/km² (1,660.4人/mi²)
等時帯 スリランカ標準時 (UTC+5:30)
ISO 3166コード LK-31

ゴール県シンハラ語: ගාල්ල දිස්ත්‍රික්කයタミル語: காலி மாவட்டம்英語: Galle District)は、スリランカ南西海岸の南部州に属する

地理[編集]

陸上面積1,617 km2、水域面積35 km2で総面積は1,652 km2。ゴール県はBenthara川をその北の境界とし、南と西ではインド洋を望む。北でカルタラ県と、東はマータラ県ラトゥナプラ県と接している。ゴール県の地勢は場所により大きく異なる。Hiniduma Patthuwaの気候条件はスリランカ中央の高地地帯にとても似ており、この地域に存在する多雨林はゴール県を流れる川や湖の水源地となっている。世界遺産であるシンハラジャ森林保護区はその一つである。ゴール県には温暖な気候の地域が広がっている。

年間降水量は2000~2500 mm。Hiniduma PatthuwaのGongala Hillを水源とするGin River英語版 ("Gin Ganga") は全長約113kmで、Ginthotaにてインド洋に注ぐ。その流れはネルワ、Thawalama、Nagoda Baddegama、Thelikada英語版を通り、計922km2に渡る地域に恵みを与えている。Polathu Kandaを水源としてBalapitiyaにて海に注ぐマドゥ・ガンガ英語版は、ゴール県の生態系の保全に大きな役割をはたしている。

主要な都市及び町[編集]

世界遺産[編集]

施設[編集]

出身人物[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ POPULATION OF SRI LANKA BY DISTRICT (PDF)” (英語,シンハラ語,タミル語). Census of Population and Housing 2011. スリランカ統計局 (2012年4月20日). 2012年12月9日閲覧。