コーンスネーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コーンスネーク
コーンスネーク
コーンスネーク Elaphe guttata
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
: 有鱗目 Squamata
亜目 : ヘビ亜目 Serpentes
: ナミヘビ科 Colubridae
: ナメラ属 Elaphe
: コーンスネーク E. guttata
学名
Elaphe guttata (Linnaeus, 1766)
シノニム

Coluber guttuatus Linnaeus, 1766

和名
コーンスネーク
英名
Corn snake

コーンスネークElaphe guttata)は、動物界脊索動物門爬虫綱有鱗目ナミヘビ科ナメラ属に分類されるヘビ。別名アカダイショウ

分布[編集]

模式標本の産地(模式産地)はチャールストンサウスカロライナ州

アメリカ合衆国アラバマ州ケンタッキー州の一部、サウスカロライナ州、ジョージア州テネシー州南部、デラウェア州ニュージャージー州南部、ノースカロライナ州バージニア州フロリダ州ミシシッピ州メリーランド州南部、ルイジアナ州東部)

形態[編集]

最大全長183cm。胴体中央部の斜めに列になった背面の鱗の数(体列鱗数)は25-29。総排出口までの腹面にある幅の広い鱗の数(腹板数)は197-245。総排出口から後部の鱗の数(尾下板数)は47-84。
背面の色彩は赤やオレンジ、黄色、赤褐色、灰色と変異が大きく、黒く縁取られた赤やオレンジ色の15-50個の斑紋が入る。腹面の色彩は白く、黒や黒褐色の角張った斑紋が市松模様のように不規則に入る。個体によっては白や黒一色の個体もいる。和名や英名はこの斑紋がトウモロコシ(corn)のように見える事が由来とする説もある。
上唇(上唇板)や下唇を覆う鱗(下唇板)は白く、黒く縁取られる。左右の眼の間には三日月状に黒く縁取られた赤やオレンジ色の斑紋が入る。また眼の後方から口角を通り頸部にかけて、黒く縁取られた赤やオレンジ色の斑紋が入る。頭部背面には矢尻状の黒く縁取られた赤やオレンジ色の斑紋が入る。
虹彩は赤やオレンジで、瞳孔は丸い。

腹板数や尾下板数、斑紋の数は分布域南部の個体群の方が多い傾向がある。

分類[編集]

ナメラ属の系統解析結果からPantherophis属とする説もある。

ミトコンドリア内にあるシトクロムb塩基配列解析から、本種の亜種とされていたプレーンズコーンスネークE. emoryi)が独立種として分割された。またプレーンズコーンスネークとの亜種間雑種と考えられていた個体群も、独立種ルイジアナコーンスネークE. slowinskii)として記載された。

生態[編集]

森林を好むが、草原、農耕地などにも生息する。地表棲だが、木登りもうまく樹上に登る事もある。半夜行性ないし夜行性で、主に薄明時や夜間に活動する。昼間は地面に空いた穴や石や倒木の下などで休む。分布域北部の個体群は冬季に冬眠するが、南部の個体群は周年活動する。

食性は動物食で、小型哺乳類、鳥類やその卵、爬虫類、両生類などを食べる。成蛇は主に小型哺乳類、特に齧歯類を食べる。

繁殖形態は卵生。5-7月に1回に12-25個の卵を産む。卵は60-75日で孵化する。

人間との関係[編集]

ペットとして飼育されることもあり、日本にも輸入されている。

品種[編集]

  • アメラニスティック(アルビノ) - 黒色色素欠損。黒色部が白くなる。劣性遺伝。
  • アネリスリスティック - 赤色色素欠損。劣性遺伝。
  • オケッティ - 背面の体色がオレンジがかった赤で、斑紋が濃赤色。主にサウスカロライナ州に見られる地域変異。
    • リバースオケッティ - オケッティのアメラニスティック。オケッティの黒色部が白い。劣性遺伝。
  • ハイポメラニスティック - 黒色色素減衰。黒色部が薄くなる。
  • マイアミフェイズ - 背面の体色が灰褐色で、斑紋は縁取りが不鮮明で赤い。主にフロリダ州南部の個体群に由来する。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • Go!!Suzuki 「ナミじゃないナミヘビ講座 コーンスネークとその近縁種(第一回)」『クリーパー』第29号、クリーパー社、2005年、4-5、10-17頁。
  • Go!!Suzuki 「ナミじゃないナミヘビ講座 コーンスネークとその近縁種(第3回)」『クリーパー』第31号、クリーパー社、2006年、50-56、66-67頁。
  • 鳥羽通久 「ペットとしてのヘビ 第2回 コーンスネークの分類」『クリーパー』第8号、クリーパー社、2001年、38、46-50頁。
  • 鳥羽通久 「ペットとしてのヘビ 第12回 コーンスネークの分類」『クリーパー』第22号、クリーパー社、2004年、26頁。
  • 千石正一監修 長坂拓也編著 『爬虫類・両生類800種図鑑 第3版』、ピーシーズ、2002年、109-111頁。
  • 山田和久 『爬虫・両生類ビジュアルガイド ヘビ』、誠文堂新光社、2005年、36-37頁。