コーシャ・ジェルジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Flag of Hungary.svg この項目では、ハンガリー語圏の慣習に従い、名前を姓名順で表記していますが、ヨーロッパ風にジェルジ・コーシャと表記することもあります。

コーシャ・ジェルジKósa György, 1897年4月24日 - 1984年8月16日)は、ハンガリー作曲家

ブダペスト出身。1906年から1915年までリスト音楽院バルトーク・ベーラエルンスト・フォン・ドホナーニピアノを、コダーイ・ゾルターン作曲を師事した。その後1916年から1917年までブダペスト歌劇場コレペティートルを務め、1920年から1921年までトリポリ劇場の音楽監督を務めた。1927年にリスト音楽院の教授となり、1962年まで在職した。

作品には9つの交響曲ミサ曲、2つのレクイエム、8つの弦楽四重奏曲がある。

作品[編集]

オペラ[編集]

  • タルチュフ(1952)

交響曲[編集]

  • 交響曲第1番(1921)
  • 交響曲第2番(1927)
  • 交響曲第3番(1933)
  • 交響曲第4番(1934)
  • 交響曲第5番(1937)
  • 交響曲第6番(1946)
  • 交響曲第7番(1957)
  • 交響曲第8番(1959)
  • 交響曲第9番(1969)

室内楽曲[編集]

  • フルート、ヴィオラ、チェロのためのトリオ(1941)

ピアノ曲[編集]

  • 13のバガデル(1924)
  • ピアノソナタ第1番(1941)
  • ピアノソナタ第2番(1947)
  • ピアノソナタ第3番(1956)

参考文献[編集]

  • Dictionnaire de la Musique, Marc Honegger, Les hommes et leurs œuvres, vol.1, p.664, Ed. Bordas, 1986