コモロの政党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

コモロの政党では、コモロにおける政党について説明する。

コモロの政党制[編集]

コモロでは1992年の憲法により複数政党制が導入された。コモロの政党制の特徴としては、小党分立であること、政党、政治団体は主として特定のリーダーを中心に結成されることが挙げられる。比較的有力な政党としては、各島の自治権維持による連邦主義を唱える自治諸島陣営Camp des Îles Autonomes、CdIA、Camp of the Autonomous Islands)と、連合政府の権限強化による中央集権を目指すコモロ再生会議Convention pour le Renouveau des Comores、CRC、Convention for the Renewal of the Comoros)の2党がある。

また、大統領選挙には、コモロ運動(Mouvement pour les ComoresMovement for the Comoros)が参加している。このほか、以下の政党が活動していた。