コマス・ソラ彗星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コマス・ソラ彗星
32P/Comas Sola
彗星
周期彗星の一覧 / 非周期彗星の一覧
発見
発見者  ホセ・コマス・ソラ
発見日  1926年11月5日
符号・別名  1944 II; 1952 VII; 1951h;
1961 III; 1960f; 1969 VIII;
1968g; 1978 XVII; 1977n;
1987 XVIII; 1986j; 32P/1926 V1;
1927 III; 1926f; 32P/1935 P1;
1935 IV; 1935c; 32P/1960 VL;
1961 III; 1960f
軌道要素 - IAUNASA
元期 2006年3月6日
離心率 (e)  0.5699
近日点距離 (q)  1.834 AU
軌道長半径 (a)  4.263 AU
遠日点距離 (Q)  6.692 AU
公転周期 (P)  8.801
軌道傾斜角 (i)  12.9312°
近日点引数 (ω) 
昇交点黄経 (Ω) 
前回近日点通過  2005年4月1日
次回近日点通過  2014年10月17日

コマス・ソラ彗星(32P/Comas Sola)は、軌道周期8.8年の太陽系周期彗星である。

の直径は8.4kmと推定されている[1]

発見[編集]

コマス・ソラ彗星は1926年11月5日にホセ・コマス・ソラによって発見された。バルセロナファブラ天文台小惑星の研究のために口径6インチの望遠鏡で撮影した写真から発見された。彗星の過去の軌道の推移から、発見当初には多くの天文学者が当時失われていたシュピターラー彗星が返ってきたものと考えた。1935年の観測からP. Ramenskyが1911年まで逆行して計算したことにより、1912年5月に木星近傍を通過して軌道が変わり、それまでは近日点距離2.15天文単位、軌道周期9.43年だったと求めた。これにより、シュピターラー彗星との同定は誤りだったことが証明された。

トリビア[編集]

1971年にアルバムAlpha Centauriに収められたタンジェリン・ドリームの初期の作品Fly and Collision of Coma[s] Solaでは、当時木星まで0.73天文単位の距離に接近していたこの彗星がモチーフになっている。

出典[編集]

  1. ^ JPL Small-Body Database Browser: 32P/Comas Sola”. Jet Propulsion Laboratory (2006-05-30 last obs). 2010年2月26日閲覧。

外部リンク[編集]


前の彗星:
シュワスマン・ワハマン第2彗星
周期彗星
コマス・ソラ彗星
次の彗星:
ダニエル彗星