コケガエル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コケガエル
コケガエル
コケガエル Theloderma corticale
保全状況評価
DATA DEFICIENTIUCN Red List
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 両生綱 Amphibia
: 無尾目 Anura
亜目 : カエル亜目 Neobatrachia
: アオガエル科 Rhacophoridae
亜科 : アオガエル亜科 Rhacophorinae
: Theloderma
: コケガエル T. corticale
学名
Theloderma corticale
(Boulenger, 1903)
シノニム

Rhacophorus corticale
Boulenger, 1903

和名
コケガエル
英名
Mossy bugeyed frog

コケガエル(苔蛙、Theloderma corticale)は、アオガエル科に分類されるカエル。別名ベトナムコケガエル

分布[編集]

ベトナム固有種

形態[編集]

体長6-8cm。オスよりもメスの方が大型になる。皮膚にはいぼが密集する。体色は緑色や赤褐色、黒褐色等が複雑に入る。体側面には斑点がない。

生態[編集]

山地にある森林内を流れる渓流沿いに生息する。

食性は動物食で、昆虫類節足動物等を食べる。

繁殖形態は卵生で、水上にある石や倒木等に卵を産む。

人間との関係[編集]

ペットとして飼育されることもあり、日本にも輸入されている。野生個体、繁殖個体共に流通する。日本国内でも飼育下繁殖例が知られている。山地の渓流沿いに生息するためか高温と蒸れに弱いため、通気には気をつける必要がある。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 海老沼剛 「CLOSE UP CREEPERS -注目の爬虫両生類-」『クリーパー』第18号、クリーパー社、2003年、66、96-97頁。
  • 海老沼剛 『爬虫・両生類ビジュアルガイド カエル1 ユーラシア大陸、アフリカ大陸とマダガスカル、オーストラリアと周辺の島々のカエル』、誠文堂新光社2004年、50頁。
  • 海老沼剛 「The World of FROGS ツブハダキガエル」『クリーパー』第25号、クリーパー社、2004年、122頁。

外部リンク[編集]