コアビタシオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

コアビタシオンフランス語: Cohabitation)とは、フランス語で「同居」、「同棲」を意味する名詞。転じて、フランス第五共和政において、所属勢力の異なる大統領首相が共存する状態を指す。右派政党の大統領と左派政党の首相、逆に左派政党の大統領と右派政党の首相のような組み合わせのことを、特に「保革共存政権」などと呼ぶ。

概説[編集]

フランス第五共和制下での政治体制において大統領は、首相任免権による行政権の掌握や、議会解散権などの強大な権限を有する。一方で首相は大統領に対するのに加えて、議会(下院)に対しても責任を負う。

大統領の所属勢力と議会の多数派勢力が異なる場合を想定されたい。首相任命権をもつ大統領は首相選任にあたり、議会からの信任を獲得して円滑な議会運営を維持するために、自身の所属していない議会多数派の勢力から首相を選任する必要が発生する。

このように、所属勢力の異なる大統領と首相が共存する状態をコアビタシオンと呼ぶ。大統領の権限には首相の同意が必要なものも少なくないため(例えば法案拒否権)、大統領はコアビタシオンの状況下ではその影響力を縮小されることになる。

フランス第五共和政下でのコアビタシオン
コアビタシオン 大統領 首相
第1次コアビタシオン
1986年3月 - 1988年5月
ミッテラン社会党 シラク共和国連合
第2次コアビタシオン
1993年3月 - 1995年7月
ミッテラン(社会党) バラデュール(共和国連合)
第3次コアビタシオン
1997年3月 - 2002年5月
シラク(共和国連合) ジョスパン(社会党)

関連項目[編集]