共和国連合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

共和国連合(きょうわこくれんごう、仏:Rassemblement Pour la RepubliqueRPR)は、1976年12月に結成されたフランス共和国の政党である。略称は。解党直前の党首はジャック・シラク

概要[編集]

RPRの前身は第五共和政が発足した1958年10月にド・ゴール大統領の支持基盤として発足したUNR(新共和国連合)で、三度の党名変更を経て、1976年にジャック・シラクによってRPRに改組された。UNR発足当初は議員政党として性格が強く、政党組織は弱体であったが、RPR結成後にシラクなど新世代が主導権を握ると党の組織化が進んだ。

ド・ゴール主義による保守政党の立場を取ってきたが、1980年代以降は自由主義的な色彩を強めてきていた。前身のUNRから長く議会第一党であったが、1981年議会総選挙では社会党に敗北した。1995年大統領選挙では、シラクが第5共和制下で5人めの大統領に選出された。2002年4月にシラク大統領の下、保守中道による大同団結を目的とした大統領多数派連合(同年11月にUMP:国民運動連合に改編)が発足したことで解党された。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]