ゲルマン・チトフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Gherman Titov 2.jpg

ゲルマン・ステパノヴィチ・チトフロシア語: Герман Степанович ТитовGherman Stepanovich Titov1935年9月11日2000年9月20日)は、ソビエト連邦宇宙飛行士ガガーリンの次に宇宙に行ったソ連の宇宙飛行士として知られている[1]。最終階級は大将。

概要[編集]

アルタイ地方ウェルクニエ・ジリノ村出身。スターリングラード航空士官学校卒業後、空軍のパイロットになった。1960年には宇宙飛行士に選ばれて訓練を受け始めている。

1961年8月7日に打ち上げられたヴォストーク2号に乗って一日以上宇宙を周回した。ヴォストーク2号のコールサインは「オリョール」()で今でも最も若くして宇宙飛行した人として知られており、宇宙酔いを初めて経験している。また、初めて搭乗機を操縦し、機内で食事をするなどの実験を行っている。先立って行われたガガーリン時の実験では大気圏外で単に体が機内で固定されていたのみで一切が何も出来ないものだったのに対し、自身の場合は自由性に富んだ実験だったものと後年本人もこれについてはコメントしている。

この宇宙飛行の後は後任の宇宙飛行士の指導に当たった。1988年2月17日、空軍での最終的階級である航空大将(Генерал-полковник авиации)に昇進した。

ソ連崩壊後の1991年10月に予備役編入。1995年、ロシア連邦議会下院選に共産党から立候補し、当選した。2000年、モスクワサウナの入浴中、心筋梗塞によって死亡。

顕彰[編集]

最初期の宇宙飛行士として東側の英雄として扱われた。レーニン勲章などの勲章や、ブルガリア社会主義労働英雄、ベトナム労働英雄、モンゴル英雄などの栄誉ある称号を多く与えられている。

脚注[編集]

  1. ^ 宇宙に行った順にユーリイ・ガガーリン(ソ連、軌道飛行)、アラン・シェパード(アメリカ、弾道飛行)、ガス・グリソム(アメリカ、弾道飛行)、ゲルマン・チトフ(ソ連、軌道飛行)、ジョン・ハーシェル・グレン(アメリカ、軌道飛行)。チトフは人類で4番目、ソ連人宇宙飛行士及び地球周回軌道を飛行した人物として2番目となる。

外部リンク[編集]