ゲオルギー・アグザモフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ゲオルギー・タズィエヴィチ・アグザモフ (ロシア語: Георгий Таджиевич Агзамовラテン文字: Georgy Tadzhikhanovich Agzamov, 1954年9月6日1986年8月27日) はアルマリク出身のソビエト連邦チェス選手であり、グランドマスターである。

略歴[編集]

1966年、12歳の時にアルマリクのチェス選手権で優勝する。

1971年リガで行われたソビエト連邦ジュニアチェス選手権で準優勝する。

1973年、初めてウズベキスタンチェス選手権英語版に参加、1976年1981年の大会では優勝を果たした。

1982年にはインターナショナルマスターとなり、1984年にはウズベキスタン初のグランドマスターの称号を手にした[1]

1982年のベオグラード1983年ヴルシャツ、1984年のソチ1986年タシュケントボゴタコルカタで行われたチェストーナメントで優勝し、1985年ポツダムの大会では準優勝するなど素晴らしい成績を残した。

1986年、クリミア半島セヴァストポリで開催されたチェストーナメント終了後、アグザモフはハイキングに行った際に崖から落ち2つの岩の間に閉じ込められてしまった。付近にいた人々により救出が試みられたもののアグザモフは相当深く落下しており、救急隊員が現場に到着した時にはアグザモフは既に死亡していた。

国際チェス連盟イロレーティングの最高レーティングは1985年1月1日の2590だった。

脚注[編集]

  1. ^ Gaige, Jeremy (1987). Chess Personalia, A Biobibliography. McFarland. p. 4. ISBN 0-7864-2353-6. 

外部リンク[編集]