ケーニッグゼグ・アゲーラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケーニッグゼグ・アゲーラ
Koenigsegg agera.jpg
販売期間 2011年 -
乗車定員 2名
ボディタイプ 2ドアタルガトップ
エンジン 5.0LV型8気筒ツインターボDOHC
変速機 7速デュアルクラッチ
駆動方式 MR
全長 4,293mm
全幅 1,996mm
全高 1,120mm
ホイールベース 2,662mm
車両重量 1,330kg
先代 CCX
-自動車のスペック表-

アゲーラAgera )はスウェーデンの自動車メーカーケーニッグゼグが2011年から販売するスーパーカーである。 ここではベースモデルの「アゲーラ」に加え、スペックが強化された「アゲーラR」についても記述する。

概要[編集]

ケーニッグゼグ・CCXの後継機として発表された。車名はスウェーデン語で「行動する」という意味の"Agera"と、古代ギリシャ語で「不老」という意味の"Ageratos" からとられる。

アゲーラ[編集]

2010年3月のジュネーブモーターショーで発表された。自社開発のV型8気筒5.0Lツインターボエンジン。発表当時の排気量は4.7Lの予定だったが、販売時に5.0Lに変更になった。最高出力940仏馬力/6,900rpm。2,700rpmから6,170rpmまでの広い回転域で1000Nm以上のトルクを発生させることができ、最大トルクは1100Nm/4,000rpmになる。

エクステリアデザインは歴代モデルと同様のコンセプトを持つが、空力性能が向上しておりCd値は0.26である。

100km/hまでの加速時間は3.1秒、200km/hまでは8.0秒、さらに100km/hからの制動距離は30.5mであり、加速、制動性能ともにクラス最高レベルに達する。最高速度は395km/hと公表されている。

アゲーラR[編集]

2011年のジュネーブモーターショーで発表された、アゲーラをベースにその性能を向上させたモデルである。エンジンにはアゲーラから大きな変更はないが、最高出力は1,115仏馬力/6,900rpm、最大トルク1200Nm/4,100rpmであり、それぞれ175仏馬力、100Nm向上している。100km/hまでの加速時間は2.9秒、200km/hまでは7.5秒でこちらもアゲーラより速く、耐・横G性能は1.6Gであり、コーナリング性能も高い。最高速度は理論上440km/hも可能であるとされる。

2013年型[編集]

最高出力は25馬力向上して1,140馬力に、許容回転数は7,250rpmから7,500rpmに引き上げられた。足回りには中空構造のワンピースカーボンファイバーホイールを装着、サスペンションも改良が施された。また新たにエアロパーツを補強したことでダウンフォース量も向上した。

アゲーラRが樹立した世界記録[編集]

2011年9月、第三者によってアゲーラRの走行性能のテスト[1]が行われ、その際に以下の部門で世界記録を樹立した。

  • 0-300km/h:14.53秒
  • 0-200mph(約322km/h):17.68秒
  • 300-0km/h:6.66秒
  • 200-0mph:7.28秒
  • 0-300-0km/h:21.19秒
  • 0-200-0mph:24.96秒

ケーニッグゼグはこれらの記録をギネスに申請、同年12月に「停止状態から300km/hまで加速して再び停止するまでが最も速い2人乗りの市販車:記録21.19秒」が正式にギネス記録に認定された。

アゲーラS[編集]

アゲーラRをもとにした環境配慮仕様車である。先代のCCXRはバイオヒューエル燃料を使っていたがアゲーラSはエレクトリックシステムを使用する。最高出力は1,030仏馬力/7100rpm、最大トルク1100Nm/4,100rpmを誇る

2013年のジュネーブモーターショーにて100台生産を記念してアゲーラS Hundra(ハンドラ)が公開された。エキゾーストパイプなどに純金を使用し、フルカーボン仕様となっている

脚注[編集]

  1. ^ その時使用された計器は、ギネスから使用が認められたレースロジック製のものである。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]