ケース39

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケース39
Case 39
監督 クリスチャン・アルバート
脚本 レイ・ライト
製作 スティーブ・ゴーリン
ケビン・ミッシャー
出演者 レニー・ゼルウィガー
ジョデル・フェルランド
イアン・マクシェーン
ブラッドレイ・クーパー
音楽 ミヒル・ブリッチ
撮影 ハーゲン・ボグダンスキー
編集 マーク・ゴールドブラット
製作会社 パラマウント・ヴァンテージ
配給 パラマウント映画
公開 アメリカ合衆国の旗 2010年10月1日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 109分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カナダの旗 カナダ
言語 英語
製作費 $26,000,000[1]
興行収入 $13,261,851[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
$28,189,979[1] 世界の旗
テンプレートを表示

ケース39』(原題: Case 39)は、2009年アメリカホラーサスペンス映画2006年バンクーバーで撮影され、2009年から2010年にかけて世界各国で公開された。アメリカでは2010年10月1日に公開された。日本では劇場未公開(2010年7月23日DVDが発売)。

WOWOWでは『ケース39 招かれざる少女』のタイトルで放送予定。

あらすじ[編集]

実の両親にオーブンで焼け殺されそうになったリリーを、児童ソーシャルワーカーのエミリーが救出する。二人は一緒に暮らす事となるが、その日を境にエミリーの周辺で不審死が発生する…

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
エミリー・ジェンキンス レネー・ゼルウィガー 石塚理恵
リリス・サリヴァン ジョデル・フェルランド 宇山玲加
マイク・バーノン刑事 イアン・マクシェーン 斎藤志郎
ダグラス・J・エームズ ブラッドレイ・クーパー 藤井啓輔
マーガレット・サリヴァン ケリー・オマリー 松熊つる松
エドワード・サリヴァン カラム・キース・レニー 谷昌樹
ウェイン エイドリアン・レスター 大西健晴
デニーズ ジョージア・クレイグ
ナンシー シンシア・スティーヴンソン 竹村叔子
ディエゴ・ラミレス アレクサンダー・コンティ

公開[編集]

パラマウント映画は当初アメリカでの公開を2008年2月に予定していたが、2008年8月22日、2009年4月10日、2010年1月1日と延期を重ねた上、一時公開スケジュールから外していた。しかし2010年8月、パラマウント・ヴァンテージによる2010年10月1日の公開が発表された。

オーストラリアでも度重なる延期に遭い、2009年8月20日の公開が謳われていたものの、最終的に公開されたのは11月5日だった。

日本ではDVDスルーとして2010年7月23日DVDが発売された。

評価[編集]

興行成績[編集]

2009年8月13日、ニュージーランドの19の映画館で公開された本作は、その週末に3万5056ドル、1館あたり1845ドルを売り上げて12位にランクインした。

85館で公開されたオーストラリアでは、週末に17万6526ドル、1館あたり2077ドルで12位にランクインした。翌週には70%の減収を記録し、最終的な興行成績は33万2956ドルだった。

批評[編集]

Rotten Tomatoesは27個のレビューに基づきトマトメーターを22%としている。

参考文献[編集]

  1. ^ a b c Case 39” (英語). Box Office Mojo. 2011年8月23日閲覧。

外部リンク[編集]