ケーシング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ケーシング(Casing)はソーセージの表皮部分である。

主に動物のを用いるほか、人工(コラーゲンプラスチックセルロース製)のものもある。ケーシングの中に調味した挽肉を入れてソーセージを作る。

日本では、日本農林規格により使った腸によって名称が変わる。腸又は製品の太さが36mm以上のソーセージはボロニアソーセージ 、腸又は製品の太さが20mm以上36mm未満のソーセージはフランクフルトソーセージ、腸又は製品の太さが20mm未満のソーセージはウィンナーソーセージである。ヨーロッパではこれらのソーセージはそれぞれ、ボローニャフランクフルトウィーンのソーセージである。近年では人工ケーシングを使った製品が多く、その場合は直径で分類する。

日本ではケーシングを小ロットまたは1本単位で入手することは難しかったが、メーカー向けの納入業者がオンラインショップを開設して手に入れやすくなった。

外部リンク[編集]