グルーヴ・アルマダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グルーヴ・アルマダ
}
基本情報
出身地 イングランドの旗 イングランド ロンドン
ジャンル ビッグ・ビート
エレクトロニカ
ハウス
活動期間 1996年 – 現在
レーベル Bacardi](2008-)
公式サイト GrooveArmada.com
メンバー
トム・フィンリー
アンディ・カトー

{{{Influences}}}

グルーヴ・アルマダ(Groove Armada)は、イギリステクノユニットである。1994年結成。

ビッグ・ビートムーヴメントの一翼を担う存在としてUKクラブシーンにおいて絶大な人気を誇り、スタジアム級の集客を動員するビッグ・アクトとしての地位に就いている。

概要[編集]

1997年、『ノーザン・スター』 でアルバムデビュー。1999年にリリースされた2ndアルバム 『ヴァーティゴ』 から "アイ・シー・ユー・ベイビー" が大ヒット。この曲は世界のトップDJ達にスピンされ、その年のフロアを席巻するとともに、各方面から好評価を受けたアルバムも全英ナショナルチャートのトップ20入りを果たす。 ファットボーイ・スリムとの親交が深く、3rdアルバムからのシングル "スーパー・スタイリン" は彼の大プッシュをきっかけにスマッシュ・ヒットを記録。バンドを代表する一大ダンス・アンセムとなった。 2002年にリリースされた4thアルバム、『ラヴボックス』 からファンク色の強め、あらゆるポップ・ミュージックを取り込む折衷主義的な幅広いスタイルで活動を行っている。

デビュー時から、DJスタイルではなくバンドを用いての生演奏スタイルを実践しており、現在ではバンドメンバー16人の大編成でライヴを行う。自身もフェイスレスと共に「世界一のライブ・ダンス・バンド」を公言する。

欧米での人気ぶりに反比例し、長らく日本での公演が実現しなかったことから「未だ来日していない最後の大物ダンス・アクト」と呼ばれて久しかったものの、2007年ついに初来日を果たす。満を持して出演したフジ・ロック・フェスティバル '07では、初日のホワイト・ステージのトリを務めた。

メンバー[編集]

作品[編集]

Shooting the video for Song 4 Mutya (Out Of Control) In Finsbury Park, London

アルバム[編集]

  • Northern Star (1997年)
  • Verdigo (1999年)
  • Goodbye Country Hello Nightclub (2001年)
  • Lovebox (2002年)
  • Sound Boy Rock (2007年)