クレオパトラ・セレネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クレオパトラ・セレネ紀元前39年 - 6年)は、クレオパトラ7世マルクス・アントニウスの娘。

クレオパトラ・セレネは、紀元前39年に、プトレマイオス朝の女王クレオパトラ7世と、マルクス・アントニウスの双子として生まれた。双子のもうひとりは男子で、アレクサンドロス・ヘリオスと名付けられた。セレネヘリオスはそれぞれギリシア神話月女神太陽神にちなむ。

紀元前34年、アントニウスはアレクサンドリアで行ったアルメニア凱旋式典でセレネにキュレナイカを与えた。しかし、紀元前31年カエサルの後継者オクタウィアヌス(のちのアウグストゥス)とアントニウスが戦ったアクティウムの海戦でクレオパトラ=アントニウス連合軍が敗北、翌年オクタウィアヌスの軍勢がアレクサンドリアに迫ると、クレオパトラとアントニウスは自殺した。このとき、異父兄のカエサリオンは捕らえられて処刑された。

その後セレネはふたりの兄弟と共にローマに連行され、アウグストゥスの姉でアントニウスの先妻にあたる小オクタウィアによって養育された。成人したセレネはカエサルに敗れて自殺したヌミディアユバ1世の遺児で、ローマで教育されていたユバ2世に嫁いだ。

夫のユバ2世は、彼は紀元前25年に、アウグストゥスによってマウレタニア従属国王とされ、イオルをカエサレアというローマ名の首都(現在のアルジェリアシェルシェル)とした。ユバ2世はローマ風の教養を身に付けた大変に教養豊かな王で、ギリシア・ローマ文化の普及に務めた。ふたりの間には、男子のプトレマイオス・トロメウスと女子のドルシッラが生れた。