クルト・コフカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クルト・コフカ(Kurt Koffka,1886年3月18日 - 1941年11月18日)は、ユダヤ系心理学者ドイツ生まれ。ゲシュタルト心理学の創始者の一人。

ゲシュタルト心理学発達心理学に応用した。アメリカに渡り、スミスカレッジの心理学の教授を勤める。フリッツ・ハイダーをアメリカに招き、また私的セミナーを通してジェームズ・ギブソンに影響を与えた。のちにギブソンが提唱した『アフォーダンス理論』の源泉のひとつが、コフカの「行動的環境」という概念である。主著として『ゲシュタルト心理学の原理』がある。