クリスチャン・A・F・ペーテルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クリスチャン・A・F・ペーテルス

クリスチャン・アウグスト・フリードリヒ・ペーテルス(Christian August Friedrich Peters 、1806年9月7日1880年5月8日)はドイツの天文学者。

ハンブルクに生まれた。1826年からハンブルク=アルトナの天文台でハインリッヒ・シューマッハの助手になり、1834年からハンブルク天文台で働き、1839年にプルコヴォ天文台に加わった。1849年にケーニヒスベルク大学英語版の天文学の教授となり、フリードリヒ・ヴィルヘルム・ベッセルの後を継いでケーニヒベルク天文台の所長を務めた。1854年にアルトナの天文台の所長となり、天文雑誌『アストロノミシェ・ナハリヒテン』(Astronomische Nachrichten)の編集を引き継いだ。1872年に天文台がキールに移ると、ペーテルスもキールに移り、所長職を続けた。1852年に王立天文学会ゴールドメダルを受賞した。キールで没した。息子のCarl Friedrich Wilhelm Petersも天文学者になった。月のペーテルスクレータはペーテルスに因んで命名された。

ペーテルスは章動や恒星の固有運動年周視差に関する分野で貢献した。