ハインリッヒ・シューマッハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Heinrich Christian Schumacher.

クリスティアン・ハインリヒ・シューマッハ(Christian Heinrich Schumacher、1780年9月3日 - 1850年12月28日)はドイツの天文学者測地学者、天文雑誌『アストロノミシェ・ナハリヒテン』(Astronomische Nachrichten)の初代編集者である。

ドイツの北部ホルシュタインのブラムシュテート(Bramstedt)に生まれた。キール大学、ゲッティンゲン大学で学び、1805年からタルトゥ大学(現エストニア)で講師をした。ドイツに戻った後、コペンハーゲンとゲッティンゲンで天文学と測地学を学んだ。ゲッティンゲンではカール・フリードリヒ・ガウスに学び、1808年にはハンブルクのヨハン・ゲオルク・レプソルトのとともに新しい星表のための観測をおこなった。1810年からコペンハーゲンで教え、1813年から1815年間マンハイム天文台の所長を務めた。1817年からホルシュタインの測量を指揮した。1821年にアルトナに移り私設天文台を建設し、天文暦(Ephemerides) の編集と、1821年に創刊した天文雑誌『アストロノミシェ・ナハリヒテン』の編集に従事し、31巻まで編集を続けた。

1829年にイギリスの王立天文学会ゴールドメダルを受賞した。小惑星(5704)シューマッハに命名され、(850)アルトナはシューマッハの天文台があった町の名が命名された。