クラレンス・H・ホワイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クラレンス・H・ホワイト(Clarence H. White, Clarence Hudson White、1871年4月8日-1925年7月7日)は、アメリカのピクトリアリスム写真家、写真に関する教育者(写真教育者)。

1871年にオハイオ州に生まれる。当初はむしろ絵を描いていたが、10代後半から20代前半の間に写真を撮り始め、次第にアマチュア写真家としての名声を博していった。

1902年に、アルフレッド・スティーグリッツエドワード・スタイケンアルヴィン・ラングダン・コバーンらとフォト・セセッションを結成。その中心人物として活躍。典型的ピクトリアリスムの代表的な写真家となり、写真界に大きな影響を与えた。その作品は、人物写真風景写真ヌード写真など多岐にわたる。

すでに、1907年にはコロンビア大学で写真を教え始めているが、写真教育に専念するため、1914年には、カール・ストラスにスタジオ(ニューヨーク)を引き継ぎ、ニューヨークにて写真学校(the Clarence H. White School of Modern Photography、通称「クラレンス・ホワイト・スクール」)を開設した(本人死後の1942年まで継続された)。多くの写真家の卵がこの学校に学び、マーガレット・バーク=ホワイトポール・アウターブリッジ・ジュニアラルフ・スタイナーローラ・ギルピン、ドリス・ウルマンなどの教え子を輩出した。またドロシア・ラングは、コロンビア大学でのホワイトの授業を受講している。

写真教育において、ホワイトはストレートフォトグラフィ的なものを取り入れつつも、最後までピクトリアリスムを排除することはなかったという。

外部リンク[編集]