ローラ・ギルピン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ローラ・ギルピンLaura Gilpin; 1891年4月22日 - 1979年11月30日)は、戦間期にアメリカ西部で活躍した、女性写真家ディネプエブロなどのネイティブ・アメリカンの写真で有名。

略歴[編集]

コロラド州コロラドスプリングスで生まれ、クラレンス・H・ホワイトに写真を学ぶ。

その作品は、ピクトリアリスムストレートフォトグラフィを双方含むようなもので、やアメリカ西部の自然風景などの作品(風景写真)が多いが、メキシコ遺跡を撮影した作品もある。風景写真においては、エドワード・ウェストンの影響が見て取れる。イモージン・カニンガムと似たような傾向の作品もあり、その陰に隠れてしまったという感もある。

日本においては、その作品は、ほとんど紹介されたことがない。

死後、レズビアンであったことが明らかにされている[1]

参考文献[編集]

英語の文献はいくつか存在する。

脚注[編集]

  1. ^ Goldberg, Jonathan (2001), Willa Cather and Others, Duke University Press, pp. 148–80, ISBN 0822326728

外部リンク[編集]