キルンベルガー第3法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

キルンベルガー第3法(キルンベルガーだい3ぽう)は、近世ドイツの作曲家・鍵盤奏者・音楽理論家ヨハン・フィリップ・キルンベルガー(w:Johann Philipp Kirnberger, 1721 - 1783)によって考案された鍵盤楽器のための音律。1779年のキルンベルガーがヨハン・ニコラウス・フォルケルに当てた手紙の中に記述がある。

鍵盤楽器で全ての調を演奏可能な音律で、ピタゴラス音律中全音律にみられるウルフが解消されている。

この音律ではC-D、D-G、G-A、A-E間の5度を純正音程より1/4シントニックコンマ狭くすることでC-E間を純正3度に取り、残りの5度をFis-Cis間を除いて純正に取る。Fis-Cis間は純正音程よりスキスマ(ピタゴラスコンマとシントニックコンマの差、約1.9537セント)だけ狭い。

調律法[編集]

  • 派生音の純正五度を作る
  • 幹音のミーントーン五度を作る
    • 変ロと嬰ヘの間に同じ唸りに挟まれるようにを取る。
    • 定まったニ音とハ音との間に同じ唸りに挟まれるようにを取る。
    • ニ音とホ音との間に同じ唸りに挟まれるようにを取る。
  • 仕上げ
    • 出来上がった中央の12音を基準に鍵盤の両側全域へ純正な完全八度に合わせていく。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]