キリスト教民主フラームス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベルギーの旗 ベルギーの政党
キリスト教民主フラームス
Christen-Democratisch en Vlaams
Christen-Democratisch en Vlaams Logo.svg
党首 ウーター・ベケ
成立年月日 2001年
本部所在地 ベルギーの旗 ベルギー ブリュッセル
代議院議席数
18 / 150   (12%)
(2014年6月)
元老院議席数
8 / 60   (13%)
2014年
政治的思想・立場 キリスト教民主主義
公式サイト www.cdenv.be
国際組織 中道民主インターナショナル
欧州人民党
テンプレートを表示

キリスト教民主フラームスオランダ語:Christen-Democratisch en Vlaams 略称:CD&V)は、ベルギー政党オランダ語系のフラマン語圏であるフランデレン地域を基盤とする中道右派キリスト教民主主義政党である。キリスト教民主フランデレン党、あるいはフラマン系キリスト教民主党フランデレン系キリスト教民主党 と表記されることがある。

前身はキリスト教人民党(オランダ語:Christelijke Volkspartij 略称:CVP)で、2001年に現在の名称になった。党名改称後に首相としてイヴ・ルテルムを2度、ヘルマン・ファン・ロンパウ(のち欧州理事会議長、通称EU大統領)を1度輩出しているが、政党がフラマン語圏とワロン地域フランス語圏)に分かれて小党分立の傾向が強い同国ではなかなか政権を長続きさせることができずにいる。2007年には下院である代議院では150議席のうち30議席を中道右派地域政党である新フラームス同盟との統一会派で獲得し、上院である元老院では71議席(王族を含まない)のうち14議席を新フラームス同盟との統一会派で占めており、上下両院で第1勢力となった。

2010年の総選挙英語版には単独で参加し、代議院で17議席を獲得して第4党となった。しかし第1党となった新フラームス同盟が与党に加わらないとしたため、各党は連立政権なかなか形成できず英語版、ワロン系社会党から党首エリオ・ディルポ首相となるまで、535日を要した。当初、キリスト教民主フラームスは新フラームス同盟を含まない連立に反対していたとされるが、最終的にディルポ政権に参加した[1]

2014年の総選挙では代議院で18議席を獲得している。また、2014年現在、元老院では60議席中8議席を占めている。

なお、ヨーロッパレベルでは欧州人民党に、世界レベルでは中道民主インターナショナルに加盟している。またワロン地域のキリスト教民主主義政党である民主人道主義中道派とは密接な関係を有している。

脚注[編集]

  1. ^ 松尾秀哉「ベルギーの政治空白と連邦化」、『聖学院大学総合研究所紀要』第55巻、2013年3月、 217-273頁。

外部リンク[編集]